think

オーダーのギャルソンエプロンと、ここのところ徒然に思っていること

d0051613_013406.jpg

先日の個展に来ていただいた方からのオーダーで、ギャルソンエプロンに椿を描きました。
平面の状態で描くけど、ぐーるり身体に添わせるとまた違った感じになります。
正面から
d0051613_0134840.jpg

d0051613_0135628.jpg

d0051613_014577.jpg

d0051613_014135.jpg

d0051613_0141742.jpg

月一でバーのママさんをされている(?!)ライターさんなので、なんとなく裾に描かれているよりも、腰回りに花がある方が良いのかも。そして、後ろ姿がセクシーだとなお良いのでは。とかとか妄想しつつ。
d0051613_0142262.jpg

裾に1輪だけ、椿を。

どちらかというと、ずっとイラストレーターを使って描いてきたのだけど、よくよく考えるとフリーランスになって一番最初にいただいたお仕事というのは、「お店に飾る大きな絵を描いて欲しい」だったことを考えると、廻り廻ってのそれなのかも、と思ったりもするのだけど、「布に描く」というのがどうも楽しいらしい今日この頃。

それが絵筆なのか、刺繍の針なのか、それはものによるみたいなのだけど、身につけるものだったり、空間だったり(この場合は切絵も含めて)立体なものに最終的になるのがやっぱりおもしろい。
紙に描くのも、嫌いではないのだけど。
子供の服になるのもいいな。
着物を全部作るのはなかなか難しいけど、半衿や草履の鼻緒とか帯なんかだったら作れるかもしれない。
個展のときにやっていたように壁面を装飾するのを仕事としてもやってみれたら楽しそうだな。
それに合わせてお店の備品なんかも作れたらもっときっと楽しい。
布の小物も、工夫したらもっとあれこれ作れそう。

とかとか、妄想は広がるわけで。

また今回のように、ベースになるものもミシンでカタカタ作っているので、そうなってくるとこうしたいからこうなったらどうなる?という手探りしつつの自己流なだけに、勉強してみたいなと、いう気持ちも出てくる。
行けたらいいなと心当たりのある洋裁学校を調べたら、9月の頭に見学説明会があるとな。うむむ、気になる。

でも、今はいただく仕事をしつつ、出稼ぎにも週3出ていて、娘は幼稚園なので、それなりに行事のお手伝いや参加なんかもある。
とはいえ体力的なこともあるから、昔みたいに何でもかんでも24時間体制で全部やるなんて無理なわけで。

だけど考え込んでいても仕方ないし、そんな時間がもったいないのも本当なので、ひとまず長い目で見て、おばあちゃんになったときに、楽しかったな、もしくは楽しいなと作り続けていられたら、きっとそれが一番しあわせなはずだから、今はできることをがんばろうと思うのでした。

そんなわけで、タイミング合って、私にできるものであれば、こっそりオーダーなんかもお請けしていたりします。
info☆webkuan.net
(☆→@に置き換えてください)
ご興味ある方はご一報ください。

まずは、一歩一歩。


とはいえ、本日から火曜日までは、娘の夏休み欲を満たすべく、山奥の友人宅へ遊びに行く予定。
まずこの3日は娘の楽しいを作ってやろうと思います。



# by webkuan | 2016-08-14 01:11 | ■お仕事

個展「日々のもの」

d0051613_6285844.jpg

2016年7月2日〜10日まで行わせてもらった個展「SORA EXHIBITION#14 日々のもの」無事終了しました。

5年ぶりなだけに、さらにいままでやってきたゆかたたちがないだけに、本当に人が来てくれるのかな、と不安に思いつつも、いつもの何倍もの時間がかかって制作したり、10年以上ぶりに出稼ぎに週3出ていたり、娘の幼稚園の行事があれこれあったりと、なんだかもうわやくちゃな状態での準備期間だったため、FacebookをみてくれているだろうかたがたにはDM出すのをさぼったり(スミマセン)気づけばメールレターすら出せてなかったような、そもそもの宣伝がここや、Facebook、Twitterと、お店に置いてもらったDMくらいという状況だったため、始まる前につれどんどん不安になってたのですが。
(そして娘とも離れないとだめで、泣いて実家に連れて行かれる娘に、搬入の日の夕方からは本気で号泣しながら作業していたという...今ならば笑えるのだけども)

蓋を開ければ、本当にたくさんのかたがたに来ていただいて、懐かしいお顔を拝見出来たり、今回はじめて「その場に居れない日」というのがあったのでお会い出来なかったけど観に来てくれたかたがたがいてくれたり、はじめましてだけど「昨日は時間がなかったけど気になったから」と次の日に来てくれた人がいたりと、本当にうれしい時間をたくさんいただきました。

この5年間で結婚出産育児と目まぐるしく自分自身の環境が代わり、待機児童激戦区な場所に住んでいるため、一時保育しか使えなくていただいたお仕事のみをこなすのが精一杯だった期間を経て、やっぱり私こういうのが好きなんだなあと、改めてしみじみしました。
体力的には今までかつてないほどかなりきつかったけど、はじめて個展したときくらい、ドキドキしながら、「うれしい」を感じれていたような気がします。
d0051613_6291258.jpg

今回一番たくさん作った刺繍のミニバッグ。
会社仕事をはじめてみて、ランチに行くときとかに、大きな鞄を持っていくのも狭いし、かといってお財布だけ持っていくのが苦手で、そういえば昔小さい長財布と携帯くらいが入る鞄を持っていて便利だったなあと思い出して作りました。今だと、家にいるときにお迎えに出るときとかにも重宝しそうだなと。
d0051613_6291683.jpg

今回のポイントになったのが紫陽花とこの丸いお花とツバメさん。
ベースは描きやすそう!と購入した帆布のトートなのですが、直に刺繍するとバカみたいに固くて、最終的にペンチで針を引き抜きながら刺したもの。絵面的にはおかしいけれど、固いものに刺すときにはペンチ重宝しました。
d0051613_629652.jpg

ゆかたのコトコ時代に作ってもらった扇子があって、これがあったから短期間だったけど、この時期の開催だったのでした。おかげさまであと残すところ5点のみとなりました。ありがたいなあ。
d0051613_629918.jpg

ギャルソンエプロン。
トルソーを持っていくのをしなかったため、畳んで置くしかなくてこれは今回の残念事項。
トルソー、やっぱり必要。
でも、気になって、と次の日来てくれた方のもとへ、白い紫陽花がお嫁に行ってくれました。
選ばせてもらったときに、どうしてこれを選んだの?と聞かれて「笑顔が好みだったからです!」とおもわずトンチンカンなことを答えて笑われてしまったけど、一目ぼれレベルでええ顔で笑いはる方だったのです。
それがなんだか白い紫陽花似合いはるなあと。
d0051613_6292244.jpg

すごく刺しにくくて四苦八苦した正絹や絽の半襟。
やっぱり絽が人気でした。
クッションカバーは、お仕事でメーカーさんのものをデザインさせていただいたもの。
普段は自社サイトで販売されています。
33柄3配色の99種類作りました。(まだ全柄は出てないのですが)
こちらから購入いただけます。
わてりあ
http://www.yukatamusubi.com/SHOP/221577/1026704/list.html
d0051613_6292586.jpg

真夜中の2時に作業途中でミシンが壊れてしまい、途方に暮れておもわず買ってしまった(今ならではだなあとしみじみ思ったのですが)新しいミシンがあまりに快適すぎて手をだした日傘。
まずもって「本当に日傘が作れた!!」と自分がびっくりしたという...
でもはじめて作った日傘はうれしくてうれしくて、描いて留めにツバメさんのクルミボタンを付けた思い入れのあるものに。
おかげさまで2本ともお嫁にいって、さらにオーダーまでいただいてしまいました。
d0051613_6291928.jpg

切絵をスキャンしたものをカードやレターセットにしました。
また、今回はじめてだったワークショップのお手本で作ったクルミボタンを、終了後販売にだしてみたら、大きいお花のタイプやツバメさんたちが、なくなったからと作り足しても、足したさきから売れてくれたのもうれしかったのでした。
d0051613_6293249.jpg

そう。今回はうまれてはじめてのワークショップを。
10名の定員で、10名の申し込みをいただいて、一人は参加してくださった方の息子くんが予定が入ってしまい欠席だったそうなのですが、後日来てくれた時に泣いて悔しがってくれたことを聞いて、笑ってしまいつつもすごくうれしかったのでした。
慣れないことだったので、時間配分を欲張ったがゆえに間違えてしまい、最終的にポイントだけはお伝えして、メインのクルミボタンは、備品のはずだった刺繍針と消えるチャコペンをお土産に宿題になってしまったのですが、みなさんたのしかったと言ってくれはったので、ほっとしたのでした。
あたふたとした先生役でしたが、楽しかったなあ。
お土産をお渡しできたことで、思わぬことでしたが、おうちでもつくるきっかけにはなれたようで、怪我の功名といいますか、ではありますが、今後も楽しんでもらえたらいいなあと思います。
ワークショップ、またやりたいなあ。
d0051613_6292947.jpg

そして5年ぶりということは、それだけの時間が等しく流れたわけで。
子連れで来てくれたり、環境が変わったことを教えてくれはったり、みなさんの変化を知れたこともうれしかったことでした。
娘は幼稚園に通うようになり、予想通りクラスでも一番背が高いらしく大きな方なのですが、それだけにしっかりするのも早かったのです。まだまだふわふわの赤ちゃんな子も居て、それはもう目尻が下がりっぱなしだったのでした。
そして子供って、小さくても女の子は女の子なのだなと思ったのが、よちよち歩くくらいの女の子なのに、おもしろくなってしまうほど食い気味にみてくれたあげく、この靴が欲しいと手描きの靴をさし、まだ大きいよと言われたら文字通り地団駄を踏んでイヤイヤしれくれたのをみて、ちょっと感動してみたり。

ベースになるものを送ってもらって「これに描いて」みたいなことも出来たら面白いのかもなあと思ったりしました。そしたらサイズが合ったものが出来るしなあ。
「描く」のを販売する、というのはありなのかなあ。

居れない時間があった分、なんだか本当にあっという間の個展期間でしたが、本当に改めて、作るのも、それをみてもらうのも、私にとってはすごくうれしいことなのだなあとしみじみしました。
そして、続ける、というのは、思っていた以上に大切なことなのだなとも。

ペースは落ちるかもしれませんが、これからも楽しんで作っていけたらと思います。
来てくださった方々、来れなかったけど気にかけていただいた方々、本当にありがとうございました!

今ある在庫、どうしようかなとちょっと考えています。
今回のもの、でまとめて、通販の形に出来る方がいいのか、神楽坂にいけたら...とも考えてみて、いただいたオーダーがあるからどうしたものかと思いつつ、行きたい欲がむくむくしつつ....考えます。



# by webkuan | 2016-07-13 07:15 | ■展示

個展、残り2日

d0051613_6394135.jpg

5年ぶりの個展も、残すところあと2日となってしまいました。

本当に久々なそれだったので、果たして人が来てくれるのかすら、ドキドキだったのですが、はじまってみたら本当にたくさんの人が会いに来てくれて、しあわせな時間をいただいています。本当にありがとうございます。

昨日は、個展はしていなかった2年前、子供用のゆかたを探していて見つけた、という方と、あれこれやりとりをした上でご購入いただいたことがあったのですが、暑い日だったので汗をかきかき、小さい赤ちゃんを連れて来てくれはりました。
これ、みてくれているかな。
あのときご購入いただいた子供用のゆかた、もとからされている「あげ」を解いていただくと、かなり着れることに昨日気づきました。というのも、本日は娘の幼稚園の夏祭りで、どのゆかた着る?と聞くと、2年前の一番小さいサイズのピンクの金魚!というので(2年前に着ていた柄を覚えていることにまずびっくりしたんだけど)自分でしたあげをまず解いて、それでも少し小さかったので、メーカーさんがもともとされていたあげを解いてみたところ、たぶん90サイズのものが105cmの娘にちょうどになったんでした。
子供用のあげがされている状態じゃなくて、大人用のゆかたっぽい形になりますが、それしていただくと長く着てもらえるかもです!みてくれているといいな。

写真は、今回描いた親子で履けるスリッポン。
ベースに無印のスリッポンを使っています。
(とてもシンプルで描きやすかったので。ママ友さんたちからはもっと安いものに描いたらよかったのにとは言われたものの、やっぱりこれが私が探した中では一番シンプルで描きやすかったのでした。もっと安価で描きやすいものもあるのかもなのだけど、今回は見つけられず)

ふわふわ揺れるような丸いお花畑と、紫陽花の2柄です。
同じで合わせるもよし、同柄色違いで合わせるもよしです。

ただ、サイズがやっぱりあるので、なかなかご希望通りにするのは難しく、ベースの在庫さえあればオーダーいただくことも可能ですので、よかったらお声かけください。
他のものも、色違いとか、ものによっては可能です。
(※ただし、現在いくつかのご依頼をいただいていますので、少々お待ちいただかなくてはかもです。大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ)
d0051613_765868.jpg
d0051613_762419.jpg

そしてたたんで置いてあるのでちょっとわかりにくいのですが、ギャルソンエプロンなんかもあります。
こちらは手描きで柄を入れています。
4枚作りましたが、全部柄が違うので、よかったら広げて見てみてください。

残りあと2日。
本日は娘の幼稚園の行事があるため、10〜13時までの短時間ですがお店に居ます。

明日は開店から閉店まで終日いる予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。



# by webkuan | 2016-07-09 07:05 | ■展示

今日の在廊日

d0051613_8183691.jpg

昨日の日曜日は、はじめてのワークショップと、ひっきりなしに友人知人と来ていただいて、本当にうれしかったです。
書きたいことは多々あるけれど、ちょいと時間が追いついていません。
また、改めてそちらは書かせてください。

本日、開店から16時まで在廊です。
16:05の電車には乗らないと娘のお迎えに行けないので、16時少し前に出ると思います。

お天気も良さそうですし、どうぞよろしくお願いいたします。



# by webkuan | 2016-07-04 08:21 | ■展示

個展はじまりました

d0051613_4582149.jpg

昨日から、個展なんとか始まりました。

初日はゆるやかに、でも、とても懐かしくてやさしい顔を見てゆっくり話せたり、うれしい時間をいただきました。
来てくれた方々、本当にありがとうございました。

本日、10:00~12:00は初のワークショップです。
いつも個展に来てくれる二人組さんが、DMのことをTwitterでつぶやいたときに反応してくれて予約してくれると聞いて、少人数でたくさんお話ししながらゆっくりできるのもいいですよねーなんて呑気に考えていたら、10人枠で、9人も来てくれはることになっていて、大慌てです。

なにぶん、はじめてのことなので、不慣れな点もあるかと思いますが、私が刺繍にはまってしまったきっかけや、結構本当にハードな中での制作をしたこの3ヶ月のなかでも、やっぱりチクチクするのが楽しかったことなどをお伝えして、ちょっとでも楽しいなあ、またやってみようかなあと思ってもらえるようにできたらなと思っています。

そんなわけで、朝から入ってるのですが、午前中いっぱいはワークショップで不在です。

もし、顔見に行ってやろう、と思ってくださっている方がいらしたら、ぜひ!午後からお願いいたします。

もっと書きたいことたくさんだったんだけど、
搬入→初日→帰宅後ワークショップ準備→(途中あまりの眠さに15分仮眠のつもりが1時間床で気を失っている)→あれこれやって現在もう朝じゃないですか!!の5時なので、またあれこれは改めて。

エントランスや窓に、今回は植物を地道に描きたしていっています。
お近くの方は、その増殖っぷりも楽しんでいただけたらいいなと思っていますよ。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。
(おやすみなさい)



# by webkuan | 2016-07-03 05:07 | ■展示

5年ぶりの個展のお知らせ

d0051613_2125412.jpg

数えてみて、びっくり、5年も経っていましたが、ひさびさに個展のお知らせです。
場所は長年お世話になっている、いつもの京都五条のefish。
本当に久々なので、今まであまり悩んだことのないDMのデザインすら迷いに迷ってFacebookで友人たちにお伺いを立てたりしていましたが、DMが上がってきて、本日お店への発送をできたので、やっとこお知らせなのです。
d0051613_2126131.jpg

SORA EXHIBITION #14
日々のもの
2016年7月2日(土)〜10日(日)
@efish 京都・清水五条


今回は、「手で作った日々使えるもの」をテーマに、あれこれ作っています(絶賛作業中)。
元をただせば、娘の幼稚園グッズにチクチクと刺繍をしていたのがはじまりなのです。
面を丁寧に埋めて行く感じとか、ほんのり立体的になる感じとか、ひとはりひとはりが楽しくてしかたなくなってしまって、DMにもあるような感じで、今回は結構刺繍をたくさんしています。

幼稚園代を稼ぐ為に(笑)週3日ですが、そうとうぶりに会社勤めをはじめたのもあり(なんせフリーランス丸13年)長財布と携帯がすっぽり入るくらいのミニバッグを、そう言えばお昼休みやふらっとそこまで、のお出かけとかに昔愛用していたなと思い至り、そんなミニバッグを作ってみたり、浴衣を作っていたことや、大切な人が着付師さんだったりもあり、着物関連の方も来て頂いていたので半襟に刺繍してみたり(半襟は絽や正絹のものには刺繍、ポリのものにはドローイング予定なのです)、こどもとお揃いではけるスリッポンにドローイングしてみたり、と、あれこれ作ってみています。

そしてこれまた初の試みなのです。
d0051613_21334879.jpg

ワークショップ:刺繍のくるみぼたん作り
7月3日(日)10:00〜12:00 限定10名様/要予約
¥1500(別途ドリンク代)

3cmのくるみぼたんにお手本の中からお好きな柄を選んでいただき刺繍して、くるみぼたんに仕立てていただきます。
その選んでいただいた柄によって、最初に基本のステッチを練習していただき、まずは2.5cmほどの小さいくるみぼたんに仕立てるので、合計大小2個のくるみぼたんを作ります。
たぶん、一気に相当な量の刺繍をしてはいますが、刺繍をはじめたの自体はそう長くない私なので、本ではわかりにくかったりするところや、初心者がきれいに刺すコツなんかは、お伝えできるような気がしています。
あれこれお話しつつ、お茶を飲みながら、わいわい楽しくできたらいいなあと思っています。
どうぞよろしくお願いします。


5年間の間、家事育児をしつつ、営業するではなく、いただいたお仕事を細々ではありますが続けてきました。
それってつまり、クライアントさんがいてくれている状態でのもの作りなのです。
それはそれで、相手の望んでいるものを形にする、という楽しみがあるのですが、個展は、手に取ってくれる人が喜んでくれると良いな、という気持ちは同じですが、基本自分が作りたいように作れる場。
好きな色を、好きな感じで、というのが、あー、そういえば、こんなに楽しかったんだなあ、というのを噛みしめながら作っています。
体力的には正直かなりつらいときもありますが(なんせ久々の通勤アリの仕事しつつ、帰ったら座ることなくお迎えに行き、そこから寝かし付けまではノンストップで、その後作業したりもしているので)なんだか今までの自由に使えていた時間のころよりも、何倍も楽しんで作っている気がします。

ざっくりしたデザインは決めているものの、その後は赴くままに刺しているので、同じ物は二度と作れません。そんな我が子たちを、どこかのだれかさんが手に取ってくれて、その人の日々に寄り添ってくれたらいいな、と想像してニマニマしつつ、今日もチクチクしています。

あ。
もうひとつ。
今までの個展では、ほぼ期間中は毎日その場にいさせていただいていたのですが、今回は勤務仕事や幼稚園のお迎えやイベントなんかもあるため、在郎日が限られています。
今のところ、以下が在郎予定日になります。

在郎予定日:
7/2(土)3(日)10(日)終日
7/4(月)8(金)10:00〜16:00


それ以外のタイミングで行けるときがあれば、またこちらのブログでお知らせしようと思っています。

5年も空いているから、大丈夫かしらと、相当ドキドキしつつですが、あれこれ楽しんで作ろうと思っています。
お会いできることを、とてもとても楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。



# by webkuan | 2016-05-27 22:05 | ■お知らせ

季節のポストカード 春

d0051613_1536296.jpg

恒例にしていただいているMaduさんの季節のポストカード。
春夏秋冬のタイミングで作らせていただいているので、なんとなく春ははじまりのタイミングに思えて、今回からは初試みで切絵を作って、それをカードにプリントしてみました。
切絵と和紙に色づけしてちぎり絵のようにしたものを重ねています。

ミモザ。
d0051613_15361582.jpg


d0051613_15394981.jpg

風花
d0051613_1536698.jpg

アネモネ
d0051613_1536103.jpg


納品してから少し経ってしまっているので(春商品は2月上旬から販売されています)今はもうないかもですが、バイヤーさんが気に入ってくれはって、ミモザの原画をMadu青山店で一緒に飾っていただいていたそうです。うれしいなあ。
この1年は、切絵で作ったカードをご提案したいと思っています。

Maduさんにお立寄の際は、カードもちらりとみていただけるとうれしいです。




ここのところ、暖かくてちらほら花も咲いていて、なんだかしあわせな気候にほのぼのしていますが、娘が4月から幼稚園なだけに、ちょっとそわそわしている今日この頃。
娘の寝かせ付けで寝落ちなかった日は、なんだかんだとあれこれ作ってはしょぼしょぼになるまで粘って寝る、のが最近限界が2時頃(弱くなったもんだ。)というのを繰り返している日々。
それが続くと、3日くらいはどうしても起きることができなくなって、どうも寝だめをしているフシがあります。寝だめ、出来るものなのですね....



# by webkuan | 2016-03-08 15:50 | ■お仕事

Maduさんの菫ブローチとポストカード

d0051613_23284637.jpg

前回のブログから早5ヶ月...!
季節は秋へと移り変わっています。びっくり。あと2ヶ月ちょっとで今年が終わってしまいますよ。

以前季節のカードを作らせていただいていたMaduさん
密かに夏のタイミングから、季節のカード作りを再開させていただいていました。
すでに、季節は移り変わり、今は「秋」のカードを置いていただいているのですが。

10月中旬から、Madu Autumn2015ということで、菫フェアをされるのに、ポストカードとブローチを展開していただいています。
d0051613_2336829.jpg

今年もファブリックブランドのMas d'Ouvan(フランス)や
SAVA(インド)をはじめ、国内外より秋冬の新作が入荷しました。
又、秋冬から春へと季節を繋ぐ花「すみれ」をモチーフにしたアイテムや、
秋の食卓を彩るテーブルウェアも多数ご紹介しています。
Maduさんのブログから一部抜粋させていただきました)


今年から再開させていただいたポストカードたちは、ぺたりとした印刷に、デザインの一部にハンコを作って1枚1会いぺたりぺたりとスタンプしていたりします。
Maduさんは、手仕事の物たちを扱ってはる素敵ショップさん。
前の時も印刷だけじゃなく、一部手を加える、と言う部分にこだわって作らせていただいてたので、今回はどんな感じにしようかとあれこれ試した末、金や銀、パッと明るい色など、ちょっと特別な色をハンコでぺたぺたしてつくることにしました。

そして、今回初試みのブローチ。
d0051613_23285336.jpg

実はバイヤーさんと、Facebookなんかで繋げていただいていて、娘の上靴に刺繍したところから始まり、このひとつ前のブログにあげていた刺繍の髪飾りとかとか、なんだか刺繍するのが楽しくなっていたここしばらくだったので、なにかそれで、ブローチとかご提案させてもらえたら...とお願いしたところ、発注をいただいてしまいました。
その数、紫と白と合わせて55個。
店舗数が多いお店なので、たぶん1店舗あたりの数はしれているんだと思うのですが、それでも手刺繍して、綿を詰めてふっくらさせて手でかがったり、実は裏面にもネームタグを刺繍糸で縫い付けたり、ブローチピンを埋め込んだりと、じみ〜に手の込んだ作りになっていて、行程が多い上、55個も作っていると、仕上がりにそれはもう差が出て来てしまうわけです(要は特訓を受けているような状態になって、数が後になるほどものすごい上達を遂げてしまったのでした)。
でも、あくまでこれは「商品」なわけで、一定のクオリティは維持しないとダメな訳です。
というわけで、最終的にそこそこの数を自己修正して納品を終えた頃には、本当に抜け殻のようになっていました。全ての時間を自分に使える訳じゃない状態な今なので、1ヶ月弱でよく仕上がったものだと、自分で言うのもなんですが、本当にがんばりました...

同じタイミングで、娘の幼稚園の入園手続きがあったりして、密かに周りの人に呆れられるほど2つの幼稚園で迷いに迷いまくっていた私。本当に願書提出の3日前まであがきにあがいて、最終的には娘も納得して決められたのでよかったのですが、どちらもの疲れでへろへろになり、結局どちらもが終わったタイミングでしっかり寝込んでしまってたのでした。年々無理が利かなくなっているようです。とほほ

そんなこんなで、自分でいうのもなんですが、なかなかにかわいく出来たと思われます。
お近くに行かれた際には、ぜひぜひお立寄の上、手にとてみてください。

Maduさんのショップリストは「こちら」のリンクからどうぞ。
http://www.madu.jp/shop_list/



# by webkuan | 2015-10-20 23:58 | ■お仕事

写真入りのウェルカムボード

d0051613_1550289.jpg

先日、大切な人からの依頼で、披露宴のウェルカムボードを作らせていただきました。
はじめての写真入り!
披露宴の前の週に、名古屋での神前式の次の週、京都での披露宴で使われるとのこと。
なので写真自体が届くのが結構ギリギリで、ドキドキしながらの制作でした。

着物の着付師をされている吉澤暁子さん。
披露宴のドレスコードも基本着物という、まさに「和」の人。
でも、あえてあまり「和」を意識しすぎずに作りたいとのこと。
また、後々飾るときにも、あまりにもな「結婚パーティー」的なものは避けたいから、なんなら名前も入れることを迷うくらい、と。
また「結び」をテーマにしたいとのこと。
着物業界だから帯締め?と言われたけど、それだとご希望の「和すぎないもの」ではなくなっちゃうし。
うぬぬぬぬ、とあれこれ考えまして、基本はご希望の芍薬をベースに、結婚式で持たれたくす玉のようなブーケをイメージして、そこに大きくリボンを「結ぶ」ことにしました。
d0051613_15503995.jpg

パールシルバーの切絵に和紙にぼかしたように色づけして、重ねています。
ふんわりしたイメージで、和紙らしく手でちぎりました。
d0051613_15504712.jpg

名前部分は、カリグラフィーっぽいものが好きとのことで、そんな雰囲気に、箔っぽい紙を使って、確度によると光ってくっきり見えるようにしました。
d0051613_15505787.jpg

光の具合によるとあまり目立たないので、お部屋のインテリアとして使ってもらっても良いといいなあと。
お写真も、目立たせたいわけではないとのことだったので、あえて和紙にプリントしました。
d0051613_1551246.jpg

パーティーと聞いていたのですが、ちゃんとした披露宴だった当日。
本当に最近ここまでしっかりちゃんとした披露宴ってなかったかもなーってくらいのしっかり具合。
そしてほんとうに、着物、きもの、キモノ!!!な人々。
あれだけ大勢の着物の人って見たことないくらいな華やかさでした。
あまりのきらびやかさ具合に、もっと「赤!」とかそんな感じがよかったのかなと思ったりも...
したけど、吉澤さんちには似合うのを知っているから、後々もお家で愛でてもらえるはず。きっと。

たくさんの笑いがあった宴、いつまでも大口開けてがははと楽しく笑って暮らして欲しいなあ。
やさしそうな旦那さんでほっとしました。

彼女は、自分がしんどかったときに、ちゃんと話を聞いて、支えてくれた大切な人。
別嬪さんなのに、豪快で、やることも起こることも本当にどどん!と派手な人で。
今回のボード製作中、今までのこといろいろ思い浮かんでしまって、なんだか面倒な部分を何度も一人でやりなおしたりしながら、泣けたり笑えたり大変だったりしました。
本当に、本当に、どうぞお幸せに。
d0051613_1665917.jpg

ついでに、この日私は諸事情あって洋服。
変に浮くんじゃないかとドキドキして行きましたが、せめてもと、ここのところなぜかちくちくしつつけている刺繍でヘア飾りを、密かに本当の直前まで作っていたのでした。
お会いした人たちにちょいちょいほめて頂いたのでよしとしよう。

最近は、まだ一時保育なんだけど、去年よりは時間を作れるようになったので、時間を見つけてはなにかしら作っています。どうも、「作りたい欲」がムクムクしている模様です。



# by webkuan | 2015-05-21 16:19 | ■お仕事

はじめてのショールームの壁画

d0051613_1195867.jpg

サクラ精機株式会社様の、ショールームの装飾のための壁画の絵を担当させてもらいました。

なかなか営業が出来ない日々なのだけど、ありがたいことにちょこちょことお仕事をいただいていて、これは去年、個展にもなんどか来ていただいていた方からのご依頼で、はじめて「壁画」になるものをご依頼いただいたもの。

efishでさせてもらっていた個展のとき、スタッフさんや友達にもとてもとても助けてもらって、壁に切絵を貼って個展期間だけお店の雰囲気を作らせてもらっていたのだけど、それをみてくれはって三上さんの壁画みてみたいな、と思って頂いたそう。
それも、なんだかとてもうれしかったのでした。

「直接描いても、データでくれてもどっちでもいいよ。描くならその間、子供みといたげるよ」

と言っていただいて、本音を言うと、手で描いてみたいな、という気持ちもこっそりあって、相当に迷いに迷ったのだけど。

サクラ精機さん、家から通える範囲じゃなかったのと、2歳半を迎えた娘さんのややこしいパワフルさ全開さ加減とを考えると、満足いくまで描き切ることが現状では考えにくくて、今回は結局データ納品させていただくことに。
d0051613_1130236.jpg

桜。
すごく思い入れのある花で、その季節になると意味もなくうきうきしたり、泣きたくなったりする。
奈良にアトリエがあったころ、ベージュのパオに乗っていて、桜の木の下で車の天井をわしゃわしゃ開けて、桜をぼんやり眺めながら朝を迎えたことも何度もあって。
そのときかわいいなあ、といつまでも見てられた、いくつもまあるいぽんぽんのように集まった桜をイメージして、ちょっとぽっちゃりしたメジロさんも一緒させてもらいました。

企業さんの社内のショールームなので、なかなか行ける場所じゃないけれど、いつか見れる機会があればおじゃましてみたいなあ。
機械を扱う企業さんだけど、サクラのモチーフをサイトにも少し使われていたり、ショールームでこんな風に絵を扱ってもらったり、というのは、なんだかいいなあと思うのでした。

フリーランスになったきっかけ、私の場合、「描くことでどこまで広がれるかみてみたいな」と思ったことだっただけに、やってきたことを見てもらってご依頼いただけた今回のことは、なんだか本当にうれしかったのです。
ありがとうございました。

また機会があれば、装飾することも、もっとやってみたいなあ。




日々のこと。
なかなか思うように動けていなくて、今は仕方ない部分もわかっていつつ、へこむこともやっぱりあって、でもそういうときにうれしいご依頼をいただいたり、商品を買ってくれはる人の対応があたたかかったりして、がんばらねば!とムクリと起きることが出来ています。ありがたいことです。

3月に入ったら、去年までよりは少し時間を作れるようになるので、少しずつかもしれないけれど、また新しいことが出来るようになるべく、改めてがんばろうと思うのでした。



# by webkuan | 2015-02-22 11:49 | ■お仕事

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。
by webkuan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

■link

空庵
私「空」こと三上亜希子のHP。

コトコのキモノ通販ページ
コトコの通販をしてくださっています。着物、帯を中心に小物も少し。こちらでお仕立てもしてもらえますよ。

kimono*itoshiki
一緒にキモノを作らせてもらっている会社さんのHP。立派な町家を生かしていろんな活動もしたはります☆いつかあんなところに住みたい・・・11月からは部分的に実店舗も運営されてます。コトコのキモノも置いてもらっていますよ。

efish
いつも個展でお世話になっている鴨川沿いの素敵カフェ。
2010.4.17.sat.~25.sun.に個展開催です。ぜひ!

フラスコ
いつも個展でお世話になっているギャラリー。右の扉からどうぞ。(左は母体になっている和雑貨のセレクトショップ「神楽坂 貞」さん。コトコを扱っていただいています)

キモノ*チャイハナ
Svahaで行われている着付け教室のHP。私の着付けのお師匠でもあります。チャイハナさんのロゴと看板は私作。さらにリニューアルしたHPは、初めて人のHPを作ったものでもあります。

六花
中崎町にできたきもの&和小物屋さん。チャイハナさんのお教室の場所にもなってます。
お世話になっている吉澤さんと雛さんのお店。

YOKANG
ずっと憧れていた沖縄のブランド。紅型を使ってひとつひとつ手染めされている服は、いろんな着方が出来たり本当に大好きなのです。今はコラボさせていただいているお仕事先に。今回の浴衣を染めてもらっています☆

最新のコメント

ファン

ブログジャンル