<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

■ミドリとキイロ

この年になると、結構好きな物ってくっきりしてくると思うのです。
例えば色とか、結構顕著。
ちょっと前まで黒い服が多かったのですが、最近気づくとベージュ系の物が多いことに、話していて気づいた月曜日。
たぶん乗っている車(ベージュのPAO)と、最近いつも仕事のときに持っている鞄(ベージュのFREITAG)が原因かとは思うのですが。

ついでにミドリ色が好きなのです。
自転車もミドリ。
靴や服にもミドリが多い。
ミドリと仲良しになれそうなので、キイロも好き。

とかとか、身の回りに固まった色があるのって私だけではないはず。どんな色が好かれやすいのか(好きでいられているのか?)気になるところなのです。

ということでか何なのか、今日カタログを作るのに装飾用に花を買いに行ったのです。
ミドリの自転車で。
d0051613_146103.jpg
みごとにミドリとキイロでした。
d0051613_1451160.jpg

購入したのは最近お知り合いになった花屋さん。
ツボに好みな花を置かれているのでまた行こう。花があるのってなんだか良いです。

ついでに買った初の観葉植物は「シュガーパイン」
なんだかおいしそうな名前なのでした。
by webkuan | 2007-04-25 01:48 | ■日々
d0051613_146345.jpg今日は先日書いた学校の開講式+講義だったのです。
受講生は22人。(内2人は欠席)
平日の13:00-17:00を週に2日、なんてどんな人が受けにくるのだろうと思っていたら、まさにいろんな人が居ました。
半分以上は織物やら友禅やら着物関係の会社さんから研修として来ている人たちらしい。いいなー午後から研修とかってうらやましい。
でも、若い人だけじゃなくて年配の方とかもいて、本当いろんな人がいるんだろうなあという感じ。(まだよくわからない)

でも一人、知り合いも居てくれて、講師の先生ともなんとなく早速仲良くしてもらえそうで少し楽しみになったのでした。
(写真は次から実技講習を受ける実習室。なんだか中学の時の美術室を思い出します。実際通った学校よりもずっとずっと学校らしい学校なのですけども)
ちなみに実技は席も決められてます。
お知り合いは斜め後ろ。

その後打ち合わせ予定だったけども、妙に時間が空いたのと、雨なのとで少し前に連れてってもらった雨の名のつく町屋カフェへ。
d0051613_1463673.jpgものすごく大きなカフェオレがあると聞いていて、チャレンジしたら本気やって(約500mlらしい。わかりにくいけども)おののく。
そういえば、アメリカ旅行で最初にお店で口にしたカフェラテもばかでかかった。(旅行記も書きたいのにどんどん時間が!)
「たっぷり」という言葉にとても弱い私は、あとあとしんどくなるのもわかっているのにその時々の誘惑に勝てないのでした。

本をとても読みたくて、薄い村上春樹のデビュー作というのを読んだ。なんだか不思議な感じで。はまるとたくさん読まないとあかんのだなあと思いつつ。(はまりそうかもなあと。)

のち。
打ち合わせ。
今回個展でTシャツを出します。手描き友禅の技法を使って作ってもらったものすごく手の込んだ子たち。各サイズで1枚ずつくらいなので結構レアです。詳しくはまた後々。
あれこれとても助けてもらって、うれしいやら、やらやら。
あとがんばって展示のモチーフになる柄でも創る予定。

あまりそういう風には見えていないかもしれないけども、やっぱり緊張しているらしい打ち合わせ(体の疲れ方が如実)
駅まで送ってもらい、きちんと今日はアトリエへ。
でもなんだかとても疲れていて、なかよくしてもらっているごはんやさんの明かりに吸い寄せられて、ふらふら寄り道。
見せたかった頼まれ物をサンプルとして見せつつ、あーだこーだとおしゃべり。
ひとりでやっているとこういう時間はほんまにありがたいのです。

そんなわけでなんだか一日外出の今日でした。
(普通の記録日記みたいだなあ)
by webkuan | 2007-04-19 01:47 | ■日々

■不思議な桜

アトリエ近所の小さなちいさな公園には大きな桜が3本あるんですけど、同じ公園にあるのに、なんだか順次咲いてかはるのです。

で、
今日ふらりと立ち寄ってみたのだけども、これ。
d0051613_1346922.jpg

わかりにくいかな、みどりっぽい八重桜のようなのです。
普通、八重桜って濃いピンクか、もしくは薄いのもあるだろうけど、ピンク系なイメージ。

咲く前から、たぶん木の構造というか面持ちからこれもきっと桜だろうなあとは思ってたのですけど、みどりっぽく咲くとは予想外でした。

d0051613_1347355.jpg

月頭に綺麗だった桜はすでに葉のみになって、メインの大きな桜も散り気味。足下は花びらの絨毯。

これからは八重桜が咲いてきますねー
もう少し、たのしめるかな。
by webkuan | 2007-04-17 13:50 | ■photo

■ヨッパライ

今日はお誕生日会をしたわけです。
サプライズだったから、ちゃんとびっくりしてくれてよかった。
と、
幸せに酔っぱらっての帰り道。
アトリエにPAOくんがいるものだから、今日もアトリエにお泊まりなのだけども、駅からアトリエまでの道々、桜をたどりつつ上を向いて歩いたら、桜だけじゃなく若葉たちものびようのびようしている事に気づきました。きちんとがんばったはる。
寒くもなく、暑くもなく、ほんまにええ季節になったなあと思うのです。
四季のなか、それぞれに良さはあるけども、やっぱり幸せな季節やなあ。
by webkuan | 2007-04-13 01:19 | ■日々

■連絡過多な一日

今日は(正確には昨日か)一日、ものすごく連絡が多かった一日だった。
朝一が、電話。
これが、ちょっと私にとっては衝撃的で、大好きな人が乳癌の手術で入院するというもの。
少し、仕事からみもある人で、連絡待ちをしている形だったのも確かだけども、こんなときに「ごめんなさいね」と言わせているのも、なんだかなんだかで。
どうかどうか、本当に手術が成功しますように。
こういうときに、何も出来ないのはわかっていても、なんだかふがいなく感じてしまう。
少し遠すぎる場所にいる人だから、すぐにお見舞いに行けない現状だけども、せめてまた元気な姿でお会い出来るように祈るばかりなのです。

そんなこんなで、昨日はアトリエに泊まりだったので、結構すぐに少しぼんやりしながらも作業を再開。したら、また電話。「起きてました?」と言われて、苦笑い。

結局、電話だったり、メールだったり、FAXだったり、方法はいろいろだったのだけども、数えたら朝から12人もの人から連絡が入った一日だったのでした。
気持ちがざわざわしていたから、ある意味良い事だったのだけども。
普段、そんなでもないだけに、ひっきりなしで、ちょっとびっくり。
内容も仕事のことだったり、連絡だったり、いろいろいろいろ。
こんな日もあるのだなあ。
by webkuan | 2007-04-11 00:41 | ■日々

■学校

日記って、毎日書いているといいのだけども、日が開くととても書きにくいものなのだなあと。

4月の最初の方。
思い立って、滋賀の比良というところまで、ケーキを買いに、ケーキ屋さんに会いに行きました。
以前咳で死にそうになっていたときに、大量のお菓子と卵を送ってくれた菓子工房友さん
工房に入れていただいて、お菓子作ってはるところとか見せてもらいつつお茶。初対面な職人さんとも、ものすごーくたくさんいろんなこと話してとても楽しかったプチトリップ。
大人買いを決めてたのに、お土産をそれに負けないくらいいただいてしまった。
とてものんびりしたところで、なんだか本当にちょうど「一日で行ける小さな小さな旅行」という感じでした。
湖西線からの琵琶湖も、なんだか旅情緒。


そして、先日はとっても久々な面接。

仕事したり、父の通院の送迎したり、なんだか思い出すと結構もりもりしていて、やらなくちゃとしていることにあまり手が出せていないのも、少し現実。

そう。それで、「面接」。
会社じゃないのですよ。学校なのです。週2回、お昼の1時~5時。およそ3ヶ月。
今日返答がをもらったのだけども、京都市が主催してはる染織デザイン技術者研修というのを受けれることになりました。
京都らしいデザインを京都の工芸図案に学ぶ、というのがコンセプトらしい。
基本、を学ぶ、と。
きちんとそういう勉強をしたことがないので、そういうのもなんだか良いなあと。

フリーになってから、結構3月4月は緩やかだったのだけども、今年はそれに伴い少し緩やかさが締まりそうです。実習伴うものだから、なんだか楽しみなのです。
ただでさえ、デジタルとアナログがごちゃまぜな私。これに影響されてどうなるのか、も、みてみたいと自分に対して思うのでした。

その間に今年もefishでの個展もさせてもらえることに。
今年はすごくうれしい企画もあるので、またきちんとお知らせ出来る形になってからこちらはお知らせしますです。

ここのところ緩すぎたから、少し引き締めねば。
ガンバリマス。
by webkuan | 2007-04-10 22:17 | ■日々

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30