<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

山梨一人旅

今回の旅行は本当に思いつき。
それも、人のアルバムにあった写真にひとめぼれして、どうしてもその「宿」に泊まりたいがためのそれでした。
おりしも。
18切符を2回分譲ってもらうことが決まっていたので、思い切って実行に。

何も決められていなくて、
出発前日は去年から楽しみにしていた花火大会だったし、
(花火の見えるお家に30人くらいが集まった!)
結局準備で徹夜して、ふらふらのまま、まずは東京に。
東京2泊、山梨2泊の合計4泊5日の一人旅。

いつもタイミング逃して旅日記書けずにいるので、今回は自分の覚え書き感覚でつらつらいきます。

本当は東京編も書いたのだけど、あまりに本当の日記の公開になってしまい、あまりかなあと思ったので、山梨編だけアップ。

それでも長いと思うので、とてもお暇なときにどうぞ☆


8/28(火)
13:30頃の電車で品川から山梨へ移動。
初18切符。
ガタゴト電車はなんだか車窓の窓からを思わす風情が。
d0051613_2084620.jpg

基本固定のボックス席。ドア横の席横には花柄のボードが。かわいい・・・

まずは石和温泉へ。
時間が若干変だったこともあり、温泉はがらがらな上に、安かった。
2時間くらいのんびり堪能。
外へ出ると、蒸し暑さがまったくなく、どちらかというとさらりと涼しい。

再び電車に乗り、本を読んだりぼんやり外をみたりしている内に、山梨は韮崎の駅に到着。
まずはweb予約していたレンタカーを引き取りに。
レンタカー、一人でするのは初めて。
慣れないナビにドキドキしつつ、いざ出発するも、ものすごい暗闇と、慣れない山道、当たり前のようにまず迷子。雷が遠くで鳴り響き、泣きそうになりつつ、暗闇の道なき道を、おそらく10mくらいバック。
なんとかたどり着くと、知り合いのデザイナーさんそっくりのオジイが出迎えてくれる。なんだかデザイナーさんのコスプレのようでしげしげみてしまった。
「今日は月食が見えるよ」
と言われてびっくりして空を見上げると、本当!うっすら細く赤いラインが空に!!(だからあんなに暗闇だったのか!)
d0051613_2094689.jpg

宿の説明もそこそこに、2Fの屋根(!)から宿のオジイと女将と一緒に3人でいろんな話をしながら月食観察。
暗闇の中、左手には雷が鋭く光るのに、正面にはくっきりの月食。なんだか不思議。後で聞くと、このころ東京では嵐のようだったとか。
写真は、最後の方、もうほぼ月が出てしまったころ。
d0051613_2010289.jpg

月が細い間は星が綺麗に見えたのに、だんだん出て来た月と共に、あたりは朝かと思うくらいに明るくなる。雲が龍みたいな形をしていた。(この後クジラに変化)
明るい月光の中散歩。影が出来るくらい明るかった。

偶然とはいっても、6年ぶりだったらしい。なんだかすごくラッキー☆

8/29(水)
朝から散歩。
d0051613_20102659.jpg

庭の中でいろいろな野菜や花の説明をしてもらっていたら、オジイがカミキリムシを捕まえる。ものすごい勢いでジタバタ。なんだか怪獣みたいな顔。
その後宿の裏手へ。
d0051613_2011337.jpg

ここへ行きたい!と決意したきっかけになったトトロ道。
自然に蔦や木がからまって出来たものだそう。本当にメイやサツキが走って、先にはトトロがいそうな雰囲気。実際いろんな虫がこれでもか!てくらい鳴いていたし、猪の遊び場なんかも教えてもらいつつ。
d0051613_20111566.jpg

森林浴ってこういうことをいうのだろうなあと、しみじみ。
花も咲き乱れて、山ほど写真撮りました。
d0051613_20113342.jpg

と、熊注意の看板発見。
ドキドキしつつ、女将はまだ見た事は無いという。
が、実はこの後行った甘利山にて車の中でだったけど、小熊に遭遇。
今日会った人に、母熊に遭遇しなくてよかったねと言われて今になってドキドキしたりした。
d0051613_20114963.jpg

戻って初めてのスイカ割り!!
10回、目隠しして回ってふらふら。
パカンと割ったのは私。でも、割り切ったのは、オジイ。
d0051613_201418100.jpg

三人で1個を完食!今年最後のスイカかなあ。
先週両親が不在中に大きなのを一人で食べよう♪とスーパーを回ったのにもう地元では売っておらず。ここに来て念願かなってしまう。

その後、何も決めていなかったけど、とりあえず目的はスケッチ。
高山植物が今の時期綺麗に咲いているはずの甘利山へ行く事に。
見送ってもらって車で目指す。が・・・・
d0051613_2014296.jpg

標高1700mの甘利山。
一番上の駐車場に着く頃にはすっかり雲の中に。当りは一面真っ白。そんな中咲き乱れる花。いっそ幻想的。だけども、色鉛筆まで広げてスケッチ出来るほどの天候ではなく。
急いで写真だけ撮って周り、一瞬雲が晴れた隙間に山頂の途中まで。少し雲が出て来たので車に戻った所でザアッと雨が。
基本晴れ女なので、外に出ているときはあまり雨降らないのだけど、今回もみごとにそんな感じでした☆
d0051613_2015955.jpg

山を下りて、武田八幡宮へ
この神社は本当に不思議な構造をしていた。
実は昔来た事があったらしい。おみくじをひいたら吉。なかなか良い事が書かれてたけど、大きな杉に結んで来た。
d0051613_20191450.jpg

お土産を持って帰るのは荷物的に無理そうなので、農協へ野菜を買いに。
もう、そこのおばちゃんがほんまにやさしくて、泣きそうになった。
味見用にと、大きな桃を3個ももらう。
宅急便屋さんが行ったところだったけど、生ものなので、とりあえず集配センターに出荷に行って、おすすめしてもらっていたそば屋さんでごはんを食べて、ご当地スーパーへ。
泊まっている穂坂という地名のワイン発見。
ワインは少し苦手やけども、せっかくなので購入。
レンタカーを返却して、迎えに来てもらってお宿へ。

夜、三人で呑んでいたら、横に座っていた女将がなにやら私の手元に行動を。
どうしたんだろう?と、思った所で激痛!!!
女将がムカデをやっつけてくれたんだけど、どうもやっつけられる前に私は刺されてたらしい。(けど酔っぱらっているので反応が遅かった)
気づいてからは、もうもう、じんじんといたいのなんの!
「なんかようわからんけど、いたい、いたい」
二人に処理してもらって、結局朝には大丈夫になっていたのだけども、びっくりな出来事なのでした。(せめて見ていなくてよかった)

8/30(木)
d0051613_20195645.jpg

バスは12:35。
朝ごはん後、居間で絵日記を書きつつ、一緒に女将は私のスケッチブックに落書き。たくさんの色鉛筆に本当にうれしそう。(な後ろで腰痛で撃沈のオジイ)
d0051613_2020769.jpg

このお宿を教えてくれた人の置き土産という目玉のオヤジキャンディ登場。これ、1袋の7個中、1個だけ劇辛キャンディーが入っているというお約束のキャンディ。
3人でせいので食べたら、まさかと思いつつ、しっかり当たってしまい、みんなで大笑い。
d0051613_20202144.jpg

最後の絵日記の出来はなかなかだったと思う。

時間になり、バス停まで車で送ってもらい、韮崎駅へ。
お宿はたまたまだけど、空の名前。
ほんとうにほんとうに楽しかったのです。
隠れ家みたいな、おばあちゃんち見たいな空穂宿(くぼしゅく)
東京からだったら本当近い(鈍行でも2時間くらい)のに、本当に正しい休みを堪能できます☆
機会があったらぜひぜひ。
ちなみに、男女別の相部屋で、布団/朝食付きで¥3000/泊。
私は時期が遅かったので貸し切り状態でした。
来年は酒蔵ツアーを目論み中。
でも友達と行っても楽しいんだろうなあ。

なんだか本当、これで夏が終わった!って感じます。
他の季節だと、次の季節が「来た」と思うのに、夏だけは「終わった」という認識があるなあと思う。
夏はなんだかんだ言っても特別なのかもなあ。

ちなみに帰って来て、荷物がいくつか。
郵便局って、1週間しか荷物預かってくれないらしい。
一つは返送されてしまってましたが、一つは本日受け取り。
なかよくしてもらっているお店からの誕生日プレゼント。
d0051613_20221100.jpg

前回の東京前にも実は、お菓子屋さんのチョコを買い占めて差し入れに来てくれたんですが、今回もまたすさまじかった。。。文字通り山ほどのチョコと、健康注意の座圧ホールドクッション☆
新しい事もいくつかあるので、おもいっきり息抜きできた今回の旅行とこのチョコたちでなんだかとてもとても栄養をもらった夏最後の一人旅だったのでした。大満足!
by webkuan | 2007-08-31 20:08 | ■photo

■ただいま

無事戻りました!
長い長い一人旅日記をかいてみたものの、写真のリンクに時間がかかるのでひとまず戻った事だけご報告。
夏が終わったなあ。
養分もらったぶん、がんばらなくてはね。
新しい事がいくつか始まります。
楽しみにしよう。
by webkuan | 2007-08-30 23:45 | ■日々

■いってきます☆

あんまり考えずに立てた計画。
よくよく考えてみると、東京時間が思いっきり少ないかも。
欲張るとあふれるなあ、と、思いつつ。

もうすこし、何事にも計画性を持ちたいものだと、しみじみしつつ、朝になってしまいました。

本日26日→28日昼過ぎくらいまで東京

石和温泉

韮崎
30日に(初)18切符でがたごと帰る、
5日間の一人旅にございます。
この間、パソコンのメールは見る事ができません。(HPからのメール含む)
ご了承下さいませ。

うわーい、そうとう無計画です☆
いってきまーす
by webkuan | 2007-08-26 05:22 | ■日々

■東京での展示

といっても個人のじゃないし、1点だけなのですけども。
今日から東京都美術館でこないだ書いた日図展がはじまったみたいです。
東京方面のみなさま、もしもお暇あるようでしたら観てみてください☆出展数が半端ないので、いろんな意味で楽しめました。

今、両親がちょうど千葉の弟宅に夏休みで遊びに行っていて、観れるかもねーって言ってたのに、なぜか会期前に行って、「建物だけ見て来た」とメールがありました。
なんじゃそりゃ・・・

図案ライフという雑誌(本?でも9月号だから雑誌??)で入賞/入選した絵が全部載っているんで、記念に購入。
ちょこっと見にくいのですが、全貌が載っていたので載せてみます。
d0051613_13513219.jpg
黒い艶のある紙に描いていて、赤が綺麗にのらず(なんとなく透けた)赤い花部分は切絵。
手描きのはずが、結局切絵しているやん、と、なんだか描いていておかしくなったのでした。

みやこメッセで展示されていたときは案外会場自体が暗くて、葉の濃淡がよくわからなかったので、もっときちんと展示されるらしいので、どんなんか観に行きます☆
(そして来年はちゃんと賞を取れるように頑張って描いてみようと、授賞式のときに、京都市長賞の賞状と賞状入れの筒がすごくかっこよかったので決意したのを補足しようと思います)

というわけで、26日(日)から28日(火)のお昼くらいまで東京行きます。お仕事からめて、というよりは、こないだ会えなかったり行けなかったところへ今回は行こうかと。
その後、浴衣の会社の担当さんが出張中を良いことに、31歳にして初めて「青春18切符」を使うべく、山梨方面へスケッチ旅行に行く予定。
9月いっぱいまで、たくさん描く機会がありそうなのに、現状ストックがなくなってしまった・・・
ということで、まじめに絵を描く旅行をしてみようと思い立ったのでした。
そんなんするのも、18切符使うのも初めての事。
(だいたいにして18切符って18歳までやとほんまに長い事思ってたわけで。青春じゃない気もするし、大丈夫かなあ)

荷物重くなると大変そうなので、今回画材はスケッチブックと鉛筆のみで試みます。

ということで、またもや〆切にいっぱいいっぱい。
夏嫌いやったはずやのに、なんだかめいっぱい動いているなあと思う今年なのでした。
by webkuan | 2007-08-23 13:52 | ■illustration

■さいきんのお気に入り

結構、持ち物でつっこまれる事が少なくないのですが、
この子の威力は思っていたよりも絶大でした。

スイカバッグ
d0051613_09834.jpg


東京行ったときに、あまりの瑞々しさに一目惚れしてしまい、思わず購入。
年齢的にこれって大丈夫かなあと、ドキドキしつつ。
でも、ショルダー部分が至って普通なので、前からみると全然普通なんですよね。
で、
「ではでは〜」
って帰ろうとしたとき、とか、
お支払いの為に財布を取ろうとしたとき、とか、
もしくはアトリエに遊びに来た人が、なにげに置いてあるのを発見して、とか。
絶対、つっこまれます。
まだ持って出たのは数回だけども、100%☆

でもなんだか、あったかいつっこみだし、なんだかみんなでほんわかしてしまうので、なんだか楽しい買い物をしたなあと。
この夏のお気に入りさんです。

でも確実に夏場限定だし、あと何回使えるのかなあ。
もう8月も半分過ぎちゃいましたね。

by webkuan | 2007-08-16 00:09 | ■日々

■変な一日

かっこいいなあと思っている人の個展にお邪魔したんです。

でもでも、夕方から燈花会に行く約束もしていたので、ほぼとんぼ返りだった今日。とりあえず絶対行きたかったのでひとりで行ったはじめての岡本。

目的地の駅で降りて、地図の通りに進んだつもりが、なぜかあるはずのない線路が目の前に。

若干途方にくれて、横を通ったお散歩中のおじいちゃんとおばあちゃんに「迷子なんです」と声をかけ、地図を見せつつ文字が見えるかどうかわからなかったので、
「ここが摂津本山の駅で・・・」
と、説明しだしたら以外としっかりしたおばあちゃんの
「ここは甲南山手ですよ」
の声。

「・・・・・。え。」



そうなのです。
JRの摂津本山で降りるはずが、なぜか1駅手前の甲南山手で下車。同じなのって「漢字四文字」ってとこくらいなのに、なぜかそこが目的地だと疑うことはみじんもなく、改札を出て、大きな道路も渡り(この道路の名前が同じだったから)そのままつきすすんで、言われてやっと気づいた私。

めっちゃ、ほんまに、めっちゃ恥ずかしくて、お礼を言って立ち去ろうとした私に、おばあちゃんは心を込めて

「お気をつけてね」

と言ってくれたのでした・・・。


もちろん、到着した瞬間に、到着時刻まで伝えていた私は遅さにつっこまれ、ひたすらその後もつっこまれ、とほほだったんだけども、この日はこれだけじゃなかった。。。


燈花会に行ったのですよ。友達と。
そしてたこ焼きの屋台にならんでいたら、ざわっとなんだか人々がざわめいたわけです。

え。
なになになに??

と、思った瞬間、ぬ、と出てきたのは鹿の顔。
しかも、人垣をかきわけて、なぜか私の持っていた袋に食いついて離れない!!

いやいやいやいや、食べ物持っていたらわかるのよ。
でもちゃうのん、中身は雑貨屋さんで買った、ほうろうの小皿とアルミのカップ。食べれませんから!!
手前にもっともっと襲うべき人(食べ物を持った人々)がいるにもかかわらず、なぜかそうとうかき分けて私の元へやってきて、それってどうよ??

ビニールの袋に入っていたそれは、何とかがんばって持ち去られることはなかったけども、相当な力加減の綱引き状態が数十秒。負けるわけにいかず、がんばりましたとも!
ビニール袋は無惨なくらいばっくりと食いちぎられてました。


なんだかなんだか。
へんてこな一日。
人生はネタやな。うむ。
by webkuan | 2007-08-11 23:45 | ■日々

■燈花会

そんなに古い行事ではないらしいのだけども、
毎年このくらいの時期にある燈花会
密かにアトリエから徒歩圏内なので、今日初日だったことに途中で気づいて、もしかしたら下駄履いている人がいるかも!(明日の打ち合わせのお題は下駄)という純粋とは少しずれた考えから(?)チャリンコでにゃりんと行ってきました。
d0051613_21415373.jpg

小さな燈籠みたいなところに水がはっていて、中に小さなロウソクを浮かべたものが、本当にたくさんあるのだけども、あれ、ひとつひとつ手で点灯していっているのです。チャッカマンで。
反対に消すのも同じだったはず。
数が本気なので、結構壮観なのです。
d0051613_21423453.jpg

ちっこい燈籠とは別に、こういう形のもちょこちょこあったりする。綺麗さは、たぶんちっこいのがいっぱいある方が綺麗なんだけど、この形がいつも好きだなあと思うのです。

ということで、初日だからなのか、ものすごい人でした。
浴衣さんも、浴衣くんも、わりといて。
カップルで二人とも浴衣だったりすると、やっぱり関わっている者としてはうれしかったりするんですよね。

(最初の目的だった下駄リサーチはというと、実際よくわからなかった。。。。
ええ。
忘れていたんです。
ものっすごい鳥目だってことを。。。↓)


燈花会は8/5〜14まで。
時間はだいたい19:00〜21:45くらいまでだそうですよ。
お盆休みの人も多いのかな。機会があればぜひ☆
by webkuan | 2007-08-05 21:43 | ■日々

■31

d0051613_20211359.jpg
「掛布になったねー」

て、開口一番に言われました。
背番号が「31」だったかららしい。
すぐに反応できなかったのがくやしかったのは秘密です。く。

ということで、昨日31歳になりました。
自分がそんな年だなんてびっくり。
メッセージやメールやを、8/2になった時間からいただいたり、なんだかんだ言うて、年を重ねていっても、やっぱりうれしい。
くださった皆様、気にしてくれていた皆様、どうもありがとうです。

31歳は、
始まって数分後におめでとうのメールをもらって、朝まで仕事して、ものすごくご無沙汰してしまっていた人から、お仕事のご紹介をしてもらった最初の顔合わせがあったり、いつもの大好きなカフェで甘い物とお花、という必殺技を受けたり、ずっと気になっていた物を自分へのプレゼントに大人買いしてしまったり(そしてそこの店長さんがものすごくおもしろかった!)、中学からの友達とわいわい騒いで、そのままアトリエでしゃべりながら眠りにつくという、なんだかとってもフルコースな一日。

写真はいただいたお花たち。
一日でふたつもいただいてしまった☆

お仕事に関しては、まだどうなるかはわからないのだけど、ご無沙汰していたのに気にしてもらっていたのがすごくすごく、まずうれしくて。
はじめましてだった方とは、見てもらったファイルの中でもバリ島からいただいたお仕事に目が止まらはって、「このお店行ったことがあるよ」の発言にびっくり。場所もウブドで、おそらくそのお店で。
まだ、取引先に当たる会社にご紹介してもらう前に、HPから先方が私の事を知ってくれていたらしいと教えてもらったり、もちろんお仕事になったら一番うれしいけども、「世間は狭い」というけども、世界規模でも狭いものらしいと、あらためてしみじみしたり、うれしくなったりしたのでした。

なんだか、とてもシアワセな始まり方をした昨日。
年の始まりって、1/1という便宜上のものよりも自分の誕生日のような気が。
とてもぼちぼちな暑中見舞いは、それ故になんだか新年のごあいさつのよう。と、気づいて少し自分で笑ってしまった。

31歳は、改めてもっとたくさん動いてみようと思います。
ということで、どうぞよろしくお願いします。
(やっぱり新年のご挨拶のようだなぁ・・)
by webkuan | 2007-08-03 20:21 | ■日々

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31