<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

■じかん

d0051613_1684054.jpg

またまた、沖縄に来ています。
あまりにもいろいろありすぎてパンクしそうになって、一度リセットしなくちゃと思っていて、急遽、旅に出ることに。
行き先を考えたときに、前回来た沖縄にとてもとてもやり残したような気持ちになることがあったから、先月来たところだけど、もう一度、とん、と飛行機に乗ってきてしまった。

前回たくさんの人と知り合えて、なのに今回はほとんど何も言わずに来たから、「お忍び?」と笑われつつ、お忍びじゃないけど、思いつきでだったから、と話しつつ、急遽飲み会してもらったりして、ちょっとやっぱりうれしかったのでした。

あたたかい気候がそうさせるのか、とても良く眠っている気がする。
眠いって、こちらでは「ニーブイ」って言うらしいよ。
「ニーブヤー」で眠そうな人、だそうな。

こっちに来て、二日目に、本当にほんとうにうれしい会に参加出来て、5年くらい恋いこがれていたブランドさんと、少し関わりが出来ました。フリーランスになって、最初の仕事で行った福岡で出会ってしまった、大好きな服のブランドさん。
前回、つてを頼って紹介してもらえたけど、関わりたいこと伝えられていなくて、どうしてももう一度、会って話がしたくて。

とても忙しい時期だったのに、スタッフさんのお誕生日会に急遽参加させてもらえることになって、なんだか本当にあったかい会社なんだなあとしみじみと。
最初緊張していたのに、どんどん楽しくなってしまって、たくさん笑って、たくさん話して、そしてやっぱりたくさん泣いてた。
泣くのって、悲しいだけじゃないんよね。うれしくても、ドキドキしても。
感情の触れ幅が大きくなっているのか、この1、2ヶ月、本当によく泣いているなあと自分でもあきれるのだけど。
いただいてしまったホールのアップルパイ、とてもおいしくて、なんだかんだで全部いただけてしまったのでした。大きかったのに。

まだ、本当になるかはわからないけど、チャンスだけはもらえたから、ちゃんと形になるように、帰ったらいろいろやってみようと思うのでした。(といいつつ、すでにラフとかうきうきしているのだけども)

先月見た沖縄の桜は、今はもう、実をつけてましたよ。
ソメイヨシノとは少し形が違うけど、やっぱりさくらんぼみたいなのができるんやね。
あれから怒濤の日々だったので、なんだかよくわからないまま来たけども、実際に時間は確実に過ぎてたんだなあと思う。

事故、すごくめんどくさいのには変わりないけど、それでもあれがなかったら来てないなあと思うので、ひとつのきっかけになったのは事実。
全部がぜんぶ、うまく行ったり思った通りにいくわけじゃないけど、それでも動くことが大事なのだと思う。そうしたら、例えばうまくいかなくたって、きっと自分が納得出来る。もちろん、うまく行ってくれることが、一番良いことではあるのだけども。そうあれるように、精一杯なのだけど。

たぶん、これからも不安になったり、困ったなあと思うことってあると思うけど、そのときは今回のこと、思い出してみようと思うのでした。
結局、今回も雨に降られてない。
あした、帰ります。
by webkuan | 2008-03-30 18:19 | ■わすれないように

■醸造庭3周年

京都木屋町にあるBAR、醸造庭がこの4/1で満3歳だそう。
d0051613_239575.jpg

ということで、記念のワインボトルのデザインを承りました。
お題は「桜」の一言で、あとはお任せ。
d0051613_23102176.jpg

こちら、1本¥15,000もするそうで、それならばおもしろいことをしようよ、ということで、布地に型染めして、文字も入れて、貼ってみました。
d0051613_23104244.jpg

こっちはカウンターに並べられるというウェルカムドリンク用のボトル。
赤白のワインとグラッパ。
桜の花が舞うようにしてみました。
上下の花どちらかが赤ワインで白ワイン。黒いのがグラッパ。

d0051613_2311124.jpg

1枚目の後ろにもちらりと見えていますが、同じ桜の柄を使って店内装飾もしています。
写真、撮ったのだけど、店内を撮るのって難しい。
見た感じの良さがまったくもって撮れず、なんだか悔しくて断念。
晩に撮るともう少し雰囲気よく写真になってくれたらいいのだけども。うー
がんばったので、ぜひ行ってみてください☆

イベント期間は3/27〜4/20
つまりは明日からなのです。
この期間はお昼間にランチもされるそうですよ。
2Fの奥にどどんと桜の木の借景がある素敵なお店なので、お花見ついでにぜひどうぞ☆なのです。

醸造庭
京都市下京区木屋町通仏光寺上ル天王町151-2F
19:00〜03:00(L.O.02:00) 不定休
075-351-0090
by webkuan | 2008-03-26 23:11 | ■お仕事

■連絡の多い一日

d0051613_23244321.jpg
今日は朝から荷物が届く予定があったので朝からアトリエ。
(カメラとめがねを買ってしまいました!正確には写真のデジカメと、映画「めがね」のDVD。カメラは本当は去年からほしいなあと思っていた子で、おもちゃみたいだけどかわいい・・・。DVDはメルシー体操の完全版付はレンタルされないらしいよ)

昨日はなんだか気持ちが参ってしまって早くに帰って、のんびりごはん食べていたら本当に本当にうれしいメールが!
私、本当に単純だなあと思う。
だけどそのくらいうれしい気持ちで眠りについたら、この朝あほみたいに弱い私が、目覚まし鳴る前に起きたのです。朝から動くと一日長い・・・

そして今日は、なんだかものすごく連絡の多い一日だった。
もう忘れているのかな?
と思っていた珈琲が届いたり、
すごく久々に会った人から、数日経ってからひさびさやったねってメールが来たり。
ほかにも、もろもろ。
こういうのはかたまるのだなあと思いつつ、明日の搬入に向けての作業。
ペンだこならぬ、カッターだこがまた強固になってしまって、さらに痛くてちょっと悲しい。ついでに右手にはサポーター。ちょっと腱鞘炎。ぼろぼろやな。

夕方、朝から動いたからか、ずっと作業だったからか眠くねむくなってしまって、夕寝。
ものすごい悪夢を見てしまって、しばし呆然。
嫌すぎる。なんだあれ。悪夢の方が覚えている率高い気がする。夢、いつもすぐ忘れちゃうのに。良い夢を覚えてたらいいのに。

呆然をたてなおして、営業用のファイルに2008年のコトコを追加。4年分のその分量は相当数。なんだか感慨深い。

さて、帰ろう。
明日はつなぎ着て作業。
そして戻ってしばし出かける準備もしなくては。

という、とても日記らしい本日のブログなのでした。


アトリエ、やっとシャッターが着きました。工事自体は昨日の朝一からお昼過ぎくらいまで。ちょっとあっけない。
でも、ブロックを壊す音とか、車がぶつかって来た音に似ていて、普通に震えてびっくりした。「怖い」って気持ちは、認識していないところにあるのかも。
塀はまだまだかかりそう。関西を離れている間に地が出来て、戻ってしばらくしてからやっと完成みたい。1ヶ月以上かかるのでは。
気持ちのざわざわをのぞく為にどこかへ行こうと思いついて、前回の沖縄で会えた恋いこがれたブランドさんに、それならもう一度会いに行こうと思ってよかった。密かにその土台作り期間は居場所がなかったのでした。
「不幸中の幸い」が本当に続いている今日この頃。たのむから飛行機は落とさないでね。涙

by webkuan | 2008-03-25 23:37 | ■日々

■ゆっくりゆっくり

d0051613_2173298.jpg
ひたすら切り抜く作業は、形作られて行く様を見るのは楽しいのだけど、気持ちがしんどいときにはたくさん考えすぎたりするらしく。
いつもなんとなく、追い込まれた状態になってしまう事が多くて、今回に関しては事故後の工事とか、工事に入るまでにすごく時間が経ってしまっている事でスケジュールが上手く組めてなかったりすることも、どこかでずっとしんどくて。
自分自身が思っている以上に、実はそれらが深刻だったらしく、そういう時は本当に深く深く考え込んでしまうから、夜中に気付いて困っていたのだけど。

そんな、びっくりするようなタイミングで電話がかかってきて、それがまさに、困っていた内容とずばり的中するような内容でびっくりした。

「すごく良い話だから、空さんに話したいと思ったよ」

って言ってくれたのもうれしかったのだ。

何でも、気の持ちようなのだと思うけど、最近、ある事を悪い方に考えてしまって、そうするとその先にはどこかでややこしいし、もうやめようかな、と思ってしまう変なスパイラルが出来てしまっているのだけど。
それを思いかけたら必ずと言って良いほど邪魔が入る。
やめようかな、が、止められる。

電話をくれた人は、もともと私がファイルを見てもらって、その後お仕事をさせてもらったという関係の人。
東京の人なのに、なぜかコンスタントに連絡を取り合ったり、関西に居る人以上によく会っていたりする人で。
たぶん、根っこが似ている気がする。
と思っていたら、似ていると思うよと言われて、なんだかうれしくて。
だからこそ、言われた

「いつも急ぎすぎているから、止まるくらいがちょうど良いんだよ。
 ゆっくりゆっくり。」

というのが、なんだかとてもとてもしみたのでした。
忘れないように、カテゴリーを追加。
しんどくなったときへの覚え書き。

別の友達が、心配してメールくれたり、なんだかあんなに落ちていたのが嘘のように上がってしまった。
単純だなあと思いつつ、やっぱり、私周りに恵まれてるなあと思ったよ。
見てくれてるといいな。本当に、ありがとう。
by webkuan | 2008-03-24 02:39 | ■わすれないように

■おだやかな暮らし

転写のプリントをしているとすごく時間がかかるのだなー
今度、醸造庭という木屋町のバーが3周年だそうで、そのお祝いボトルのラベルデザインをいただいていて、あれこれしているのです。
「デザイン」だけじゃなくて、実質手作業で作るそれ自体もやって、物としての納品なので「製作」なんだろうか。
あと、お祝いの色を添える意味で、店内の装飾を少し。

・・・少し、のつもりだったのだけど、こんなことを書かれてしまっているのを発見してしまったので、頑張らざるを得なくなってしまってるのでした。
コレに関しては、搬入終わったら、またお知らせを。

ひそかに、切絵の実作業に入っていない今の段階で、ここしばらくの疲れが出たのか、すでに右手親指付け根がなぜか腫れていたりして、明日はアトリエの塀の工事なんかも入るらしく、う〜ん・・大丈夫かしらと、少々ドキドキしているのだけど・・・

そんなこんなで、なんだかいっぱいいっぱい。

だけども、そんな中、ものすごく久々な友達からメール。
赤ちゃん、順調で8ヶ月になったよって。
一度、すごくすごく心配になったことがあって、なんて声をかけていいのかわからなかったから、その1通のメールに本当にほっとした。
昔からおかーさんみたいだった彼女が、今年は本当のおかーさんになるのだなあ。
今日は、買い出しに出た先で、同じ頃の友達が、たぶんだんなさんであろう人と、子供を連れて歩いているのを見た。急いでたのと、子供がせかしてたのを見て、声はかけなかったけど。

確実に、日々の時間は流れていて、それぞれの生活が確立されていくのだよね。
あたりまえの事だけど、なんだかそうなのだなあと、改めて思ってみたりしたよ。

「おだやかな暮らし」に憧れます。
普通に、ただ、そこにあると感じている家族のあれこれとか、なんだかそういうものが、一番実はすごいものなんじゃないかなと思う。

いつかは、そういうのを自分もつくれたりするのかな。
と、なんだか不思議な気持ちになったりしたのでした。

さて、作業作業。
by webkuan | 2008-03-23 17:41 | ■日々

■芽吹

d0051613_1713064.jpg
昨日はもう、これでもかってくらいに動いた一日。
奈良→円町(京都)→本町(大阪)→今出川(京都)→丸太町(京都)→四条(京都)→木屋町(京都)
朝から動いてお仕事時間終了が19:00。
移動距離が半端ではなかったのと、それぞれにいろんな人と話したり作業したりしてたので、友達と合流して飲みに行くころにはぐったり。
右手の親指付け根が痛いのはなんでなんだろう。
しばらく右手酷使しなくちゃなのに。

へとへとになりながらだったけど、桜の蕾がだいぶと柔らかくなっているのを発見。
ぴんくいろがのぞいているのを見ると、なんだかやっぱりうれしいのです。
東京では開花したらしく。
来月行く頃に、まだ咲いてるといいなあ。毎年目黒川沿いの桜を見たいなあと思っているのに、毎年少しずつずれていて、まだ満開の状態を知らない。

今やっているお仕事が、桜がらみなので、しばらく桜の事ばかりを考えていそうです。
by webkuan | 2008-03-22 17:26 | ■photo

■気晴らしの方法

一人で仕事しているので、徹夜とかして籠ってしまうと、下手すると一日誰ともしゃべらない時があったりする。
しかも良くない事に続くことが多くて困ってみたり。
そこまで来ると、だんだん集中出来る時間が短くなっていってることに気付いたりするのですよ。
資料をみたまま固まってしまったり、ついついネットみてぼんやりしてみたり。

でも、そう言う時間が一番もったいないから、気付いたらなるべく気晴らしをすることにしていて。
(ちなみに今も気晴らし中)

■例えば、友達が仕事終わってそうな時間だったら、いちばんてっとり早いのは電話すること。外との繋がりは大事なのだなあと思う瞬間。

■例えば、その日が晴れているならば、珈琲入れて一応のノートと鉛筆、カメラを鞄に入れて散歩に行く。ちっこい自転車でえっちらおっちら坂を上って、奈良公園の中にある小さな境内でぼんやりしつつ、ラフしたり。(ここは鹿に襲われない)

■例えば、それが深夜だったら、切替の為に寝てみる。
(でもこれは、2,30分で起きれたら、すっきりするのだけど、本気で寝てしまう場合があるから、少し余裕があるときにしか出来ない)

■例えば、それら以外で意外と効果があったのが、最近はう〜〜〜となっていることがらをテキストに打ち出してみること。
後から読み返すと、意外とおもしろかったりするし、人に聞いてもらうのと一緒で整理がつく部分があるらしく、意外とすっきりしたりする。
これは、たまに今日みたいにブログの日もあるけど、ほとんどは公開する事のないデータとして残っている。まとまったら、小説1冊分くらいになってるかも。

それでもどれをしても、どうしてもダメなときは、情熱大陸とかプロフェッショナルとか、そういうプロの人をドキュメントした番組を観るといいらしい事に最近気がついた。

いつもいろんな話を聞いてもらっている最後の砦な友達に、何でも良いから考えないで良いように映画を1本観るように言われた事があって、うちの父はDVD製作が今趣味なので、例えTVで録画したものであっても、きれいにCMが抜かれた編集後のDVDが大量にあり、その中からいろいろと物色。普段からあまりTVを観ないので、なんとなく、映画よりも頼んで撮っておいてもらった情熱大陸に手が伸びた。

後日、その友達と話していたときに、こないだは何を観たの?と聞かれてそれを答えると、「そんなことしたら余計に落ち込んじゃうじゃない!!大丈夫だったの?」と心配されたのだけど、実際、全然そんなことはなくて、むしろ「私もっとがんばらなあかんやん。全然足りへんし、こんなことしている場合じゃあない!」って夜中からいろいろを始めてしまったのだった。

夜中から何かをはじめる必要は本当はないと思うのだけど、私の場合、映画は本当にゆっくりしたいときに観るという位置にあったから、たぶんピンとこなかったのではないかと思う。
反対に、実は結構な負けず嫌いだったりするので、良い方に焦りがでるのではないかと。
情熱大陸とかプロフェッショナルとか、30分〜1時間くらいの番組(からCMが抜かれている分もう少し短いのかも)って、気晴らしをするのにちょうどよい長さだったりもする。
なので、アトリエ、テレビはないのだけど、パソコンで観れるのでDVDがちょこちょこ隠れてたりします。最近観て、わー!!って思ったのは祖父江さんの情熱大陸。

そんなこんな。もすこしがんばらねば。


やっと、アトリエの工事の日取りが決まりました。来週の月曜日。事故から16日目にしてやっと。
塀がないというのと、やっぱり怖かった記憶って濃く残るようで、どうにも日中にお向かいのシャッターの音やエンジンの音が聞こえると、身が固まってしまう。ものすごくいつも以上に物音に敏感になっている自覚があって。
ここのところそれが顕著で、どうしても物音の少ない夜中に仕事することになっていて、しばらく直っていたのに、また昼夜が逆転した生活になってしまっている。
塀が直れば、これはましになるのだろうか?
ならないとかなり困るなあと、ちょっとこわいのでした。

by webkuan | 2008-03-20 04:08 | ■わすれないように

■おいしい

d0051613_154674.jpg
私は寝起きが悪い。それはもう、病的に悪い。
旅行に一緒に行こうって話になると、そこで迷惑をかけてしまうのではと、ちょっとどきどきするほど。
いつも、「何してもいいから起こして」ってお願いをするんだけど。
(たたいてもつねってもいいです。覚えてないから怒らない)

昨日、散歩に行ってるときに、なんでかそう言う話になって、寝起きが悪い場合、朝の日光をすぐに浴びた方が目が覚めやすいとか、そういう話が出た中で聞いたひとつに、「低血糖なのでは?」というのがあった。

その人の友達は、低血糖のせいで、朝は本当に起きれないし、何かをしている際にも糖分が低くなると動けなくなったりするらしい。
だから、朝起きたら一番手が届きやすい所にチョコレートや糖分になりそうなものを置いておいて、糖分補給をしてから動くんだそう。(朝ごはんはその後)

私はチョコレートが死ぬほど好きなので(たぶんないとすごく困る。入院生活に辟易して、退院を言われた際に質問は?と聞かれ、即座に「チョコレートは食べても良いですか?」と聞いたほど)仕事中なんかはちょこっとつまめる程度の物を身近に置いていたりするので、もしかしてもしかすると、仕事中なんかはそれを無意識のうちにしていたのかもしれない。

で。
前回沖縄に行って、スーパーを物色していたときにすごくピカンとくる黒糖を見つけていて、個包装にはなっていなかったので、自分用にひとつ買って帰ったのだけど、疲れたときは甘いもの、という頭があったから、友達の個展の初日に思わず進呈してしまい、結局それがおいしかったのかどうかもわからないまま、でもものすごーく、あれは絶対おいしいはずなのになーと思って、沖縄の友達にドキドキお願いしてみたところ、先日の荷物に一緒に入れていてくれて、本当に開けるのを楽しみにしていたのだけども。

これ、本当においしい!!
今まで私が食べてきた黒糖史上一位かもしれないくらい。
普通にスーパーに売ってた、そんなものすごく高いものではまったくないのだけど、黒棒ってお菓子みたいな、ちょっとしっとりした、長方形にカットされた黒糖。
検索してみたら出て来た。

今帰仁黒糖 (有限会社仲宗根食品) ¥240/400g

私が見たのは、スーパーだったから、もう少し安かった気もするけど、でもそんな感じの値段でした。写真の壷にいっぱい入れてもあとたぶん壷半分くらい残ってる。けっこうな量が入っていてこれってね。すごい。
食べ過ぎはあかんやろうけど、しばらくはチョコレート控えてこれで満足しそうなのでした。

壷に入らなかった分は、朝起きたとき用にしようと思います。
起きれるやろか。
今度行ったら大量に買って帰ろう。。


■追記

寝起きの黒糖、確かに効きました。
そうか、私、朝は低血糖だったのか、と、妙に納得!!
仕事で頭を使うと、結構朦朧としてくるのだけど、そのときにもひとかけ口に入れると意外なくらいシャッキリするのでした。
しかもこのひとかけ、意外とボリュームがある上、かなりこっくり濃厚なので、チョコレートみたいに手が止まらなくなる事もなく、ひとつで十分。
このペースで口に運んでいると、飽きそうな気もするので、様子を見つつ、しばらく続けてみようと思います。
朝起きにくいなーって人、おすすめかもです。
by webkuan | 2008-03-18 15:22 | ■日々

■散歩

d0051613_21273633.jpg
この土日はどちらも京都市内へ行ってから神戸、大阪となんだか大移動な日々で、それぞれにいろんな人に会った時間だった。
日々、一人で黙々とやっている事が多いから(いや、歌ってたりするけども)こういう日が続くとなんだか新鮮なのです。
そしてやっぱり必要やなあと、再確認。

今日はefishの大好きなスタッフさんが遊びに来てくれて、おひるごはんを一緒した後、今日届いたお菓子がうれしくて、どうせならと奈良公園に珈琲入れて散歩に。
ステンレスのタンブラーは保温効果があるので、紙コップは少々味気ないけどもあったかいのが飲めて、そうか、これは便利かも、と再確認。一人だとそのままで良いけど、人が来ても対応できるのはコレからの季節良いなあ。
今日は鉢植えだったけど、早咲きなのか桜を見たよ。

最近、奈良の良い所を尋ねられる事が多くて(ドラマ効果なのか、遷都関連なのか)観光地目線というよりも、いつも自分が気に入っている場所に一緒に案内したりするのだけど、大人になってからの友達たちは、やっぱり感覚が似ているのか、好きな物をわかってくれてうれしいなと思うのです。
決して派手な場所はないのだけど、自分なりの価値観で好きな場所ってのは、やっぱり居ることによって見つけてきたものだから。

2時間ほど外の陽気にふわふわしつつ散歩して、夕方に駅までお見送りしてから仕事。
やらなくちゃな仕事はあるけども、こうやって時間をずらせるのはフリーならではだなあと思う。来週中までがピーク。月末の5日間は関西を離れます。
工事、どうなったのかな。そこに被らなければ良いのだけど。
(事故からすでに10日以上経ってるけどまだ塀はないのだ)
ひとまず頑張らねばなのです。


写真は大好きな二月堂からみた、大好きな夕暮れ。
二月堂は高い場所にあるけども、基本的に奈良は高い建物が少ないので、路地から見える夕焼けとか、たまに泣きたくなる。
そういえば、この構図以前に描かせてもらった手拭の構図にそっくりなことに今気付く。HPにアップしている手拭の「逢引」というタイトルのん。
これ、ほんまは「冬」ってテーマで初日の出を描いたんだけど、私が言うのはどうかと思うけど、どうみても逢い引きにしか見えないのだった。
明日も晴れるみたいですよ。今日はあったかかったなあ。

by webkuan | 2008-03-17 21:43 | ■photo

■徒然。

d0051613_22593555.jpg
20:00
妹からの電話。
「まさやんが出てるよ!!」の電話にびっくりするも、
「今日やらなくちゃがまだ出来てない・・」ともごもご返事して言われた
「残念な子やな」に反応して、
てきぱき途中までやった仕事のデータを持って、MAC BOOKと共に家に帰った。
※「残念な子やな」は、保母さんをしている妹の得意文句なのだけど、これを言われると、ものすごーく、くやしくなる7歳上の私なのです。さらにそれを知ってる妹。毎度の事ながら、くやしい。

でも、帰りついた2分前に出終わってたらしく。
ひとめたりとも見れないままに終わったよ。
なんだったのか。

結局一緒に帰ってきていた桜太と一緒にちょこっと遊んで、
現在疲れ切ってリビングに転がった妹をいつ起こそうか思案中。
持ち帰った仕事に手をつけつつも、なんだかやっぱり家だといろんなものに目がいっちゃって、うろうろしてしまう。(桜太のせいもあるのだけども)

こたつの中、おそらく私が足を突っ込むであろう位置にいるっぽい桜太もどうやったら起こさずに移動出来るんだろう、とか考えていると平和だなあと思う。

ここのところ本当に色々あり過ぎて、やっぱり同じくらいいろいろを考えてしまうのです。
前向きになったり、少し考え込んだり。
規則正しく、それはなんだか波のようだなあと。

生きていると、本当にいろいろあるけども、大変だろうと楽しかろうと、それぞれにはちゃんと意味がある。
今回の事故にしたって、保険の内容について、なんとかなりそうですよって連絡をもらえたのが今日の出来事。
まだ工事が終わったわけではなく、これから動いたりとかいろいろが待っているし、まだまだ落ち着けたわけじゃないんだけど、今回のいろいろな重なりから、面倒だなあって思って無いことにしようかなと、ふと思ってしまっていたことに向き合う気になれたのも事実。
それが良いか悪いかなんてわからないけど、どちらにころんでも、ちゃんと動いたぶん、自分自身納得出来るように思うのだよ。

気付けば、京都のあの子が引っ越しをするのは、確かこの土日だったんじゃないかなって、思い出す。予定が詰まってしまってたことをすっかり忘れて、手伝いにいくつもりだったけど、サクラサクメールのその後も気になるけど、きっと、後でどうだった?って聞いた方がいいよね?
(後になって、これに気付いてくれると良いなあ)

だらーんと伸びて寝ている妹の寝息を聞きつつ、人の寝息ってなんだか安心するものなんだなあと思った。

さてさて。
なんだか本日はとっても徒然な感じのまま、仕事に戻りたいと思います。

写真は去年のニューポートビーチ。
海の無い場所に生まれ育っているので、海に対してすごく反応をしてしまうところがある。
波って呼吸してるみたいよね。

by webkuan | 2008-03-14 23:25 | ■photo

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan