<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

■消えたのはなぜ?

d0051613_22174516.jpg

雨の一日。
仕事場には広めのロフトが付いているのだけど、そのせいで窓際が夕方以降結構暗かったりする。その為のライトが、今日の夕方に音もなく消えた。何も触っていないときに。目の前で、ゆっくりと。すこし、不思議な消え方。

あれ、切れたかな。
と思いつつも、まだお店は開いている時間なはず。
またそれに背を向けて作業。

すこし落ち着いたら、夜に向けてやっぱり気になって、触ったら一瞬ついた後に、今度は本当に切れた。ぱちりと音をたてて。
なに?切れてなかったの??なんだそれ・・・

結局、電球を求めて傘をさして外に出る。
ちいさな町の電気屋さん。
電球ひとつでごめんなさいと思いつつ、暗くなって明かりの灯った町屋な小路は、暗いけどもやっぱり嫌いじゃなくて、たぶん19:00くらいで閉店だけども、ちいさな必要なものを手に入れたなんとなくな達成感のもと、てくてく歩いて戻った。
ここ数日、長靴が正しく役立っている気がする。

11月の末に、旅の予定を入れた。
急に寒くなったからか、あたたかな場所に行きたくなって。
知り合い、友達が居てくれるのっていいね。いろいろ相談出来たりすると、やっぱり気持ちが心強くて、ちょこっと落ちていたのが落ち着いたりした。
そのためにも。
あれこれ、がんばらねばね。

と、書きつつ、今日咳が本当にひどい。なんなんだろう??一咳ごとに喉が腫れる感じ。内蔵がきしむ。検査結果って、そういえばいつ出るのか聞いてなかったけど、1週間くらいなものなのだろうか?
今日は、ちょっときついなあ。

by webkuan | 2008-09-30 22:25 | ■photo

■さむくなると

d0051613_1474458.jpg

今朝は早起きして朝一から病院。
雨に長靴。
病院本当に苦手なので、少しでも気持ちをあげようと長靴はけるやん、うれしいなーと無理矢理テンションあげたつもりになって病院へ。

でもあんなにドキドキしながら行ったのに、今日は検査のみをしただけだったので、全然怖くも痛くもなかった。ドキドキしたのが拍子抜け。脱力しつつ、仕事場へ。

そういえば。
忘れていたけど、この部屋、冬場は本当に寒いんだった。
去年もこもこのルームシューズをはきつぶしてしまったから、足下がえっらい寒い。
らくちんパンツに履き替えて、赤いチェックの膝掛けをひっぱりだして、いすの上に上がり込んだかたちでのお仕事。さむい・・・
あまりの寒さにお昼ごはんに焼きリンゴを作った。あたたかな果物ってわりと好き。
明日ヒーター持ってくるべきか。
ロフトにはおこたを出さなくちゃ。
でもまだ9月なのに!

そして寒くなると、PAOが坂を登らなくなる。
(家までのみちみち、本当に坂が多いのです)
最近ただでさえ調子よろしくないのに!
移動を考えだしてから、今の環境の良さを再びしみじみしたりしなかったり。
これから打ち合わせが増えるだろうし、京都市内に移動を考えつつも、うむむ、今の環境から離れるのもなんだかさみしい。かといって、今を維持しようと思ったら新しい車が必要になってくるんだけど、買いたいと思うくらい愛着をもてそうなそれが思い浮かばない。(PAOは高校のころに一目惚れして、初任給から少しずつためたお金で購入。10年乗っているという強者なので)

どうしようね。

写真は運転席から撮ったもの。おもちゃみたいだなと写真で見ると改めて思う。
10年経っても初めて乗る人が「かわいい!」っていってくれたら「でしょう?」って、これだけは臆面なく答えます☆

by webkuan | 2008-09-29 13:54 | ■photo

■トコトコトコ

d0051613_21323117.jpg

ここのところの近況。
トコトコトコ、
と、新しい事がいくつか同時進行で始まったりしています。

新しい事
だから、もちろんたくさん考えたり、案出し合ったりすることが多いんだけど。
いつも必要以上に考え込んでしまう私。
どうも「考える対象」は、悩み事な必要はないらしく、考る事を与えられると、それを必死になって考えるから、いらん事を考えなくなるらしいことに気付いてみた。(文面変ですが。。)

まあ、気を緩ませるといらんことを考えなくもないのですが、
基本、あれこれ案を出すのが楽しくて仕方ない。
それをまた、あれこれたくさん言葉を発して伝えようとすると、相手ともたくさん話すから仲良くもなれて、なんだかそれもうれしく楽しい。
基本はものすごい人見知りなのだけど、こういう風に伝えるべきことがあると、たぶん必死になるから人見知りしている余裕がないのもよろしい。

今はまだ全部蕾かもしれないけど、
トコトコトコ、
このまま栄養が行き渡って、花開くといいなと思うのです。
きれいな花が、咲きますように!


咳、未だ止まらず。なんなのだろうね。
とりあえず月曜日は朝一でCT検査になってしまいました。
痛いことはないのだけど、昔の記憶を思い起こさせるから、あれ嫌い。。涙

by webkuan | 2008-09-25 16:47 | ■photo

■泣き笑い

d0051613_18464893.jpg

夕方、窓から見える空の色が不思議だったので外に出る。
今日の夕方、空観ましたか?
奥の方で夕焼けなのだけど、手前に流れる雲で曇りなのか夕焼けなのかよくわからない。
なんだかちょっと、泣き笑いみたいだなあと思ったりしたのでした。

明日、晴れますように。
明日から、しばらくいろんな人に会ったりの日々。
重なるときには重なるのだねえ。
その間に考えなくちゃもやらなくちゃもたくさんで、
うむ、どうしたものかと固まっていたら妹から電話。

気晴らしに連れ出されます。
最近の以心伝心かげんには笑けるものが。
大きく息吸って、たくさん吐き出そう。
by webkuan | 2008-09-19 18:48 | ■photo

■雨に降られないこと

雨です。
私は雨に降られにくいらしく、家でたくさんの雨を感じて、長靴今日こそ大活躍か?!と期待したのに、外に出るとほとんど傘のいらないくらいの小降りでした。
私+長靴
雨が降らないジンクスになりつつあります。
くやしいから水たまりのある場所を選んで歩きました。ささやかな抵抗。
こんなことならちゃんと病院行ってから仕事に向かえばよかった。咳、まだ止まらず(むしろ質が悪化しているように感じるのは気のせいなのだろうか)

屋内に居れる雨の日は嫌いじゃない。
この時期窓を開けているから、雨音が聴こえて、それはそれでいいもんだなと、音楽をかけずにいる。
・・・のだけど、こんな日に限って向かいの酒屋さんの駐車場が慌ただしい音をたてていたりする。窓閉めて音出そうかなあ。

昨日であわあわしている〆切が一旦落ち着いたので、撮ったままになっていた写真の整理を少ししてみた。以下、こないだの初妹との二人旅。

d0051613_14224215.jpg

本当にほんとうにきれいな夕焼けだったこの日。
車を止めて外に出て写真撮ったりしてたのだけど、その後通ったこの水辺には心奪われたのでした。静かにやさしい色合い。本当にきれいでどきどきした。こういう空の色って、本当そのときだけだから、妹と二人、「得した気がするね」と話していたのだ。
これだけでも、行ってよかったなと思ったり。
そんなこと思いながら、さあ車に乗ろうかと立ち上がったら、地元のちびっこ(とはいえもしかしたら中学生くらい?)がカメラに向かってピースサインを。
なんておおらか!
良い場所で育ってるなあと、しみじみ。
d0051613_14271241.jpg

この日は十五夜。
予報では雨だったし、月見えないかもねーと言ってたけど、雨が降る感じがまったくしなくて、雨具は持って行くけど、たぶん降らない気がするって言ってたら、まさにまんまるにお月様な夜。
小振りだからと、ずっとパンケーキレンズをつけっぱなしなのだけど、旅行のときにはズームがきくレンズを持って行くべきなことを、そういえば前も同じこと思っていたなと思ったりしつつ。
夜を撮るとお昼間みたいになる。
本当の写真を撮る人にはまだまだなれないようです。苦笑
近くに同じ高さの建物がない場所だったから、障子を開け放したまま、寝転んでお月見しつつの就寝。
ホテル、じゃない旅館で、横には妹で、「なんだか家みたいやね」って話しつつのその夜は、なんだか寝付けず、「おやすみなさい」を言ったあともずっと話していたのでした。

のんびり、な割に、目的があったため、次の日はあんまりのんびりでもなかったんだけど、行ってよかったな、な二人旅。
7歳離れているのにな。昔はちびっこだったのに、今回の旅の運転はすべて彼女でした。そんな成長にもしみじみって、なんだかいろんな意味で新鮮な1泊旅行だったのでした。
by webkuan | 2008-09-19 14:32 | ■photo
何かを納得することって、割と大変。

うれしいことや、ありがとうを思うときのそれは、歓迎すべきことだからむずかしいことではないだろうけど、悲しいことや、本当に望んでいたことが形にならないことがわかったときのそれは、結局のところ、解決出来るのは時間だけなのだと思ってた。

だけど、もしかしたら「考え方を変える」ことで、実はそれが可能になるのかな?と思ったり。

なんでそうなったのか。
そうなったことから派生することはなにか。
うまれることはないのか。
いろんな角度から考える。

どうしようもなくなったときには、それを受け入れるしかなくて、そうなったときには、結局それに対して、それなりの対応なり順応なりをする。

後から考えて、それって、本当に「あきらめ」だったんだろうか?

順応できるってことは、「もう一つの方向」と考えることができるのでは。


飲み込めるまでに時間がかかる。
それはたくさんの要素を詰めた風船みたいなもので、押さえ込むと変形するし、飲み込むにはたくさんの空気が在りすぎてのどを通らない。
だけど、ひとつひとつ考えていく中で空気が抜けてきて、たくさんの要素だけを飲み込むことが出来たら、きっとそれはその人の栄養になる。

起こりうる物事って、それを機にいろんなことを生むけれど、
その時、本当にしんどくても、それがきっかけになって、どんな方向だとしても成長につながるんだと思う。
考えてみて。
いままでたくさん泣いてきたことがあったとしても、そこから「どこか」に「何か」は伸びているんじゃない?
それが何かは、人によると思う。
だけど、ゼロな人はいないと思うのだ。
たとえばそれは小さな出来事かもしれない。
道ばたに花が咲いているのに気付いて、ほっとする気持ちを知るような、
それこそ本当に些細なことかもしれなくて。
だけど、それを知ることで、次に起こった何かのときに、少しほっとできるような要素を持てたなら、その後の自分にとって、それが栄養になるならば、それは立派な「成長」なのでは。


それを思えるのは、実際後になってからなのだけど。

最後の最後で、帳尻が合うようになっているんだよ。
必要なときに、必要なことは起こっているんだ。
って、思えたら、
その時のことを少しずつでも受け入れることが出来る気がする。





なかなかむずかしいけど。
ふと、思ったこと。
いつかの自分への覚え書き。
by webkuan | 2008-09-16 11:26 | ■わすれないように

■ありがとう

d0051613_134192.jpg

仕事初めな人には、たとえばHPを見てもらってる場合も、ご紹介の場合も、最初に仕事ファイルを見てもらった上で、繋げてもらう事にしている。
たくさん話ができるというのもあるし、例えば見てもらっている中で反応してもらった部分から、好みがわかったりするから。

はじめましてなご挨拶に行った本日。
ファイルを取りに、仕事場に寄ったらポストに大きめな郵便物。貼ってある80円切手3枚も好みな感じで、送り主はとてもお世話になっているNさん☆
あれれ?
何かやりとりがあったかしらと開けてみると、花びらのスパセット!
お湯に入れると生花みたいに戻るんだそうです。
すごいねー戻してみたいけど、このまま飾っておきたいような。
ブログで若干体調が悪い事を書いていたのをみて、ちゃんと休んでねーと、送ってくれたようです。
そういうことを、さらりとできる人っていいな。
気持ちが、とてもとてもほっこりしました。
うれしいなあ。
メールじゃない形でありがとうを伝えたいと思ったので、ブログ、見てくれているとのことだったから、こちらから先に「ありがとう」を☆

今日のはじめましての打ち合わせもそうだし、今までみてくれている人にお知らせしたい新しい仕事もそうだし、そしてそして今日のNさんも!個展や、やってきたことを見てくれている人が繋げてくれたご縁で成り立っている。
最近、そういう意味で本当に「ありがとう」を思う事が本当にたくさんあります。

なかなか上手に時間を使えてなくて、日々の作業に追われることも多々あって、個展のお礼もまだまだできていないのだけど、せっかくここまでひっぱってしまったので、新しく始まるいろいろを、レポート的にお伝えしてみようと思っています。

「始まる」ところからの経過を、ちょこっと知った上で、出来上がった何かを見てもらうのも、おもしろいのかも、と、最近そういう経過を見たり聞いたりする機会があって思うところもあり。
いろいろ始める中で整理しつつなので、どこまでそれができるのかわからないけれど、連絡先を伺っている人には直接、また準備ができたらお知らせ含めてちょこちょこ書いてみたりしようと思います☆


さて、明日は妹との初2人旅。
大人になってからえらいなかよし。
やりたいことの素材に写真もいっぱい撮ってこよう。
考え事も、思う存分やってこよう。
1泊だけども満喫して、これからのあれこれの栄養にすべく楽しむのだ。
by webkuan | 2008-09-13 23:57 | ■お気に入り

■つらつらと。

私は今の自分の環境を、けっこう好ましく思っている。

実家には両親が健在で、
近くに妹が居て、かわいいわんこに癒しをもらい、
大好きな愛車は10年経ってもかわいくて、
自分にとって都合の良い環境に部屋を持ち、
心配してくれる友達に対して、私もきっと同じように心配できる関係がある。
そしてたぶん、自分が大切にしたいことを仕事にしている。

今の環境は、私にとってとても大切なものなのだ。
ずっと思えていることじゃないし、
もちろん、常にそう安定できているわけでもないのだけど。

だけど、今の状態は、ずっと続くものでもなくて。




ひとつなくなると均衡がくずれるし、
ひとつたされても同じ事が起こる。
そして近々、たぶん何らかの変化が起こる可能性があって。


石橋を几帳面にたたくわりに、
動くと人が驚くほど大きく動くらしい。
新しいことを始めたがるくせに、
実は変化に弱い。たぶん、その弱さは人並み以上で。



変化が必要なことも、
実際に始まってしまったら、きっとそこに楽しみを見出せることも知ってる。
わかっていても、どこかで躊躇する。



でもきっと、それだけ自分の環境を愛せていることは良いこと。
だれにうらやましがられたいわけじゃない。
今の私の環境を、だれもが良いと言うとは思わない。
自分が、これを大切に思っているだけ。
人が良いねって言ってくれるのは、きっと私がそれをどんなに好んでいるか、いつしか一生懸命になって話しているから。


こう書いて、自分が実は、かつて「新しい環境」だった今に慣れて、自分にとって好ましいものにしてきたことに気付いた。



物事って、きっとそういうことなんだと思う。


こうやって、人は気付いていくのかもしれないね。
きっとすぐ、忘れてまた慣れるのだろうけど。

週末は新しい仕事の打ち合せが2件。
連休中は、妹と初めての二人旅。
休み明けに締め切りと、とてもとても楽しみにしているMonky Majic。
それに、遠い予定だけど、東京でコトリンゴのライブ。たぶん良い席が取れたはず。(初めての場所だからわからないけども)

考え込んでる暇はないのだ。
何より、もう本当に咳を治さないと体力が。
そうだ、明日こそは、病院。
咳、結構限界。


おやすみなさい。
by webkuan | 2008-09-12 01:27 | ■わすれないように

■デジャビュ

d0051613_16502560.jpg

咳が止まらないので、病院に行ったら本日休診日。
位置関係は上から
・駐車場
・家
・病院
(各間の距離はだいたい徒歩5分くらい。ちなみに結構な坂道)なのだけど、時間ギリギリだったから、とりあえず坂道を歩いて下ったのにこの仕打ち。

とぼとぼ坂の上の駐車場をめざしてたら、なんとなくその空気を知っていることに気付く。

さわさわと少し涼しい風。
きつすぎないけど暑い日差し。
アスファルトの香り。

中学校のときの、プールサイドの空気。

なんでそんなことを思い出したのか、よくわからないけど、体育の時間、プールサイドで見学をしていたときの空気に似ていたのだ。体調が悪いときの、あの空気の重さを思い出したということなのか。

たくさんの時間の隔たりを経ての、これもデジャビュというのかな。
と、思いつつ、だらだら汗を流しながら駐車場を目指した今日だったのでした。


オチとして、PAOはエアコンが効かないから、
黒いつるつるしたハンドルの熱で、焼き芋を持つような手つきであちあち言いながらの運転。
秋になったんじゃなかったのか??
仕事場にたどり着くまでに使い倒したようになってしまったハンドタオルに、ちょっと悪態をつきたくなりました。

by webkuan | 2008-09-11 17:09 | ■photo

■続・うれしかったこと

レトロな車に乗ってます。
愛車はベージュのPAO。丸く四角くい子。
でもいろいろがやっぱり20歳のおじいちゃんなのでダメになってきていて、たぶん、冬には手放さなくてはならなさそうなのです。本当に悲しい。

そんな彼はいつからかテープすら聴けなくなって、いつからか車内の音はアカペラか、ラジオ。ラジオはほぼFM802なのだけど。
先日、車で移動中、番組内で募集してたMONKY MAJICの公開生放送。
よくよく聴くと、アトリエ戻ってからでも間に合う!
だめもとで、でも、少しの期待をこめて、WEB投稿ではなく、本当に行きたかったから、Illustratorを立ち上げてうさぎのイラストとともに、熱いメッセージもしっかりこめてみた。(ちなみにうさぎのイラストはA4サイズにぎりぎり。おなかにメッセージ☆)

今日になって、ポストに802からの封書。
ふふふふふふふふふ。
開ける前からにやつきます。

イベントでライブをみてから、ますます好きになったひとびと。
某日、会いに行ってきます。整理番号は27。良いのか悪いのかわからんけども。
ご褒美もらったみたい。
それまでがんばろう☆
by webkuan | 2008-09-08 22:30 | ■日々

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30