<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

やわらかい

d0051613_1538552.jpg

昨日の晩の帰り道、桜のころの空気を感じて、少しうきうきしていたのだけど、今日用事で駅前まで歩く道々、いつも楽しみにしている木々が少しずつ花の気配を漂わせてました。傘さしながら、携帯しかなかったからあまりきれいには撮れてないけども。

これは、いつも一番に咲く白梅の花。
梅って、まあるくやわらかくなった蕾がかわいいと思う。
d0051613_15382028.jpg

毎年ほんとに「咲き誇る」という勢いで咲くしだれ梅の蕾もやわらかくなってた。
(逆光になるから見えにくいけども)

雨も空気も刺すような冬のそれと少し違う。
きっとまた、ざっくりした寒さが戻って来たりもするんだろうけど、少し春っぽい空気を感じるとほっとする。

本当の桜の咲く頃、今年は今やっていることが花開ける予定。
今はとりあえず、地道にがんばろうと思います。
by webkuan | 2009-01-30 15:41 | ■photo

菜花

半日事務仕事。
郵便局に2度行った本日。
別で、荷物も出したから、うちから旅立ってったものたちがたくさんの一日。

夕方、郵便局からの帰り道、たこ焼きの屋台が出てないかなと立ち寄ったスーパー。
残念ながら、屋台は出てなかったのだけど、変わりに菜花を発見。
今日は一束の半分を使って、あんかけうどんに。

菜花が出て来ると春に思いを寄せたくなる。あの苦みは春の味だと思う。

だけども日常はとてつもなく寒いので(帰りの車は、霜で真っ白だし、霜取りスプレーしても走り出すと、端から結晶化していくのには参る)あんかけうどんのほこほこ具合は必要だった。

早く春になってほしいな。
という気持ちと、
春までにやらなくちゃが山ほどあるから、もう少しゆっくりでいいかも。
という気持ちは、全く正反対だけども、どちらも本当。

明日は調べモノをしに、神戸。
製作に入るとどうしても籠りがちになるけど、少し空気を入れるのが必要なのも本当。
今、何を観ても図案にするには、と考えてしまう。
(何を、は、本当になんでも。わんこが敷いている毛布の皺とか、菜花を茹でてる鍋とか!)
ぐるぐるぐる。
by webkuan | 2009-01-26 21:20 | ■日々

火のおまつり

冬の星がきれいに見えるように、冬の花火は本当にきれいだなと思う。
d0051613_1495066.jpg

d0051613_1493042.jpg

奈良のアトリエに移ってから3度目の山焼き。
d0051613_1491713.jpg

毎年、来年はどこで何しているかなと思うけど、今年も観ることが出来てしまった。
状況はやっぱり年々変わって行くのだけど。
今年は大切な友達と。
去年よりも、勢い良くもうもうと燃えていた。位置が、東大寺がきれいに見えるところから少しずれてたのだけども。
何度観ても、おもしろいなと思う。奈良は火に関わる事柄が多い。

変わって行くことは、良くも悪くもあって、だけど、変わらないところが大切なこともあるんだと思う。
それは、環境だったり気持ちだったり、いろいろだけど、変わってくことへの見極めが大切なのだ。きっと。
by webkuan | 2009-01-24 23:08 | ■photo

やっと!

「ここ!」
というのが見えた。・・・気がする。

今までそこが見えなかったから、ぐるぐるぐるぐるしていたけど、ひとまず。

どっぷり浸かるのではなく、ぐるぐるしたら全然関係ない方向を見ることは、必要だということを、改めて実感した。
ぶれないところが出来ていて、それをどこまで崩すかは、やってみないとわからないけど、結局はぶれることがない気がする。(そして崩れない気も。それもまた、いいのか悪いのかわからないけど)

ひとまず、ひとまず!
by webkuan | 2009-01-24 01:47 | ■制作メモ

元気でた。

d0051613_15404081.jpg

愛車のPAOの車検をひかえて、もう御年21歳なだけに、ドキドキしながら朝から地元の修理工場へ。正直、一体どれだけかかるのかにもよるところもあり、去年ダウンしたときにみてもらった際に、年明けたら見積もりを先に出してもらう話に。
昨日の帰り道、少し調子が悪かったりしたから、よけいにドキドキ感2割増!

向かう道々、もしも、払えないくらいものすごーく高額になったり、なによりも「もう無理だと思いますよ」なんて言われたら本当にどうするんだろう?と、かなり不安に。
(実際かつてディーラーさんでみてもらってたときはそう言われて、工場を転々としてきた)

何度も書いている気がするけど、私はもともと車が好き、というよりは「PAOが」好きで、かなり思い入れあって購入→もう10年くらい乗っている車なだけに、車検前になると毎年もしもだめだったら?に苛まれる。
結局毎年他に欲しいと思えるのが思いつけず、どうにか本当にお願いします、な気持ちで行くからか、整備士さんたちに本当に好きで大切なんやなあ・・と、しみじみ言われるのだけども。
d0051613_1544452.jpg


なんだか今日は混んでいたみたいで、寒いからとストーブのとこで待っておいてと言われて、待つこと20分くらい。
なんとなくこういう灯油のストーブ、中学のころに教室にあったなーと、その威力になんとなく懐かしさを覚えたり。

てっきり預けて見積もりしてもらうもんだと思ってたのだけど、その待ち時間で見積もりをしてくれて、なんとか状態として、車検も通りそうで、予算的にも可能な範囲っぽい。
一気に全部を修理することは無理でも、気になるところを少しずつ直していったらまだ大丈夫と。本当にほっとする。

今日は代車の関係で、2月の車検までもう少し時間があるし、また連絡をもらうことになって、ストーブから連想して、なんとなく中学校の方向からPAOでアトリエへ。
変わってないと見せかけて、プチ住宅地が出現していたりはするものの、基本変わらない雰囲気に、またもやほっこり。

まだもう少し、PAOに乗っていられると思ったら、妙にうきうきした気分になって、単純だなあと思いつつも、やっぱり自分で看取るまでは大切にしようと決意を新たにしたのでした。
d0051613_15562367.jpg

うきうきのままアトリエについたら、すぐに郵便屋さんが。
ウェルカムボードを作らせてもらった人からお礼の贈り物。
こういうお届けものなサプライズって、ほんとにうれしいのだなあと、これまた改めて。
ありがとう☆どうかほんとうにお幸せに!
また会えるの楽しみにしていますね。

なんだかとっても元気になった本日だったのでした。
by webkuan | 2009-01-23 15:57 | ■toy camera★

ラジオ

最近、アトリエでよくラジオを聴いている。
車が古い子に乗ってるので、カセットがつぶれてからずっとラジオばかりだったのがもともとの原因だった気がするけど、好きなのにアトリエではかかりにくかったのが、ベストな場所を見つけてから数日、ラジオな日々。

普段から文章書く以外の作業中は音楽をかけているのだけど、結構考えこんでしまうタイプなので、ラジオみたいに話す言葉が入ったり、気になる何かを発見出来るのは、思ってたよりもいい感じにもやもやを発散出来ることを発見。

ラジオってたまにゲストが来たりするじゃないですか。
スタジオライブとかに当たるとうれしくなるのだけど、たまたま、HAYLEY SALESのスタジオライブに2度も当たって、あまり名前を覚えるのが得意ではない私がしっかり覚えてしまった。

洋楽よりはどちらかいうと邦楽のが好きなのだけど、なんだか好きなのです。
19歳のときに作ったアルバムが日本デビューらしく。4年くらい前の話らしいけど、そんなセールスもかねて日本に来ているとか。すごいねえ。
音楽じゃないけども、いつかそんなことがしたいなと憧れるのでした。

最近はぐるぐるしつつも、新しいことのために進もうとしてあがいている感じで。
闇雲にやってみたりしていたけど、結局まとまらなくなってしまって、一度リセットしているといったところ。人に見せるものじゃなくて、自分でまとめるためのイメージマップ作ったり、あれこれ思うことを書き出したり。
固まると早いのだけどな。
なんだかもやもやしつつ。
でもこれは必要な時間だから。
息抜きしつつ、出来るなら早く乗り越えたいのでした。
by webkuan | 2009-01-22 21:55 | ■日々

歌舞伎の日

壽 初春大歌舞伎に行ってきました。
かなり贅沢なことに午前の部、午後の部とはしごして、ほんとに一日歌舞伎の日。

去年初めて観てから、今回2度目。
前もすごいなー!!だったけど、今回はしごしたからほんとにいろんな種類があるものなのだな、ということに改めてびっくり。
種類が多彩なこともそうだけど、劇中の内容もそそそそうなん?!というものもちらほら・・・あれは、言葉が完全にわからないからそうなるのか、昔のお話だからそうなのか、どっちなんだろう。
一言では「歌舞伎」て語れる物ではない気がします。
もっと知りたい。

日常に着るものと、舞台の衣装とではまた違うだろうけど、今回のは勉強になった気がする。休憩時間のお客さんたちの着物も、いろんなのがあって、休憩中のそれはそれで楽しめたし。
残念ながら雨だったからか、着物の人が思っていたよりも少なかった午前の部。
午後の部の方が雨脚は強まってたのだけど、午後の部は結構な人が着物だった。
着る時間、余裕もって持てるからかしら、なんて思いつつ。

全然関係ないところでいうと、歌舞伎って、演目ごとに休憩時間があるのだけど、それまで飲食禁止なのに、休憩時間はいきなりみんなお弁当を取り出したりして食べだすのがおもしろいなあと思う。
午前の部の隣に座っていた初老の姉妹から、なんでだかおにぎりやパンをもらったりしつつ、そういえば私、昔から人に食べ物よくもらうなあと。
劇中で歌わはるのを一緒に小さく歌ってはったり、本当に楽しみにしてきてはるのが見て取れて、なんだか席を立つときにありがとうのご挨拶をしてました。

観劇したあとって、頭がぼうっとする。
集中してみた映画のあともそうだけど、なんだかぐるぐる。
たぶんまだ、消化出来てない。
うまくアウトプットできますように。
by webkuan | 2009-01-21 23:57 | ■日々

目線

d0051613_1792076.jpg

あとで。


と書いてから早数日。
自分への戒めだったり覚え書きだったり、あとでみてそのときのことを思い出したいからな「わすれないように」カテゴリーで書くつもりで、ある程度の文章量を思っていたから「あとで」だったのに、数日たってみて、すっかり忘れてます。
なんだったのか。

でもつまり、
早めに動かないとこういうことになるよ、
という戒めのためにこのまま残しておこうと思います。

写真は金比羅詣したときに立ち寄った松山の倉庫をリノベーションした施設のカフェから出ようとしたところ。
いい感じに海沿いなのでした。
海のない場所に生まれ育ったせいか、海がある場所にあこがれがあるらしく、泳げないくせに好きなのでした。
一緒に行った友達が、「ここにだったらいつか住みたいかも」と言ってたのが印象的だったなあ。
by webkuan | 2009-01-19 16:37 | ■わすれないように

シンプル

d0051613_21195084.jpg

ハーブレターのための絵を受け取りに人に会いに出た午後。
道ばたの生け垣みたいなところに咲いていた花。
木瓜?
(そして今「ボケ」は「木瓜」と書くと知りました。花の名前っておもしろい)
何にせよ、外で咲く花をみると、どんなに寒くても春が近い気がしてしまう。
d0051613_21203197.jpg

帰りにハナロジさんに寄って、猫柳を買って来た。
これは緑の水を吸わせたから緑色らしい。
猫柳、不思議。
植物なのにふわふわの毛に覆われていてかわいいのです。
ハナロジさんは、気持ちがいっぱいいっぱいになったときの逃げ場所。
ほんとにいいなあと思う花がいつもあって、どれだかを連れて帰る。
店主さんの人柄か、私が花を描くからか、なんとなくあそこにいくと落ち着く。

植物はシンプルだから。
生きることや、光に当たることにシンプルに一生懸命だから。
だから、落ち着くんじゃない?

なるほどなと思った、話していての言葉。
いろいろ考えたり、必要以上に気を遣ってしまったりすることがどうしてもあったりするけど、ほんとは植物みたいにシンプルに在れたらいいのにね。
光を浴びる為にはそれなりに植物だって努力しているとは思うけど、と笑いつつ、とりあえず1週間はがんばろうね、と、お使いに来た子供のように見送られて帰路についたのでした。
かわいいおまけもありがとう。
by webkuan | 2009-01-17 21:33 | ■toy camera★
ぜひ窓の外を見てみてください。

リアルタイム限定になっちゃうけど、
今、すごく月が光ってて、
なのに星もきれいなのです。
普段月がきれいな時って、星見えないのに。

車霜でカチコチになって、霜取りスプレーしても、エンジン暖まるまでにさらに凍てついたりするくらい寒いから?

今外見れる場所にいて、これに気付いたらぜひ外みてみてください!
月周りにキラーンて光が見える勢いです。笑






帰り道、月が視界に入って気になって仕方なかった。
駐車場に停めて、見上げたら動きが止まってしまった。
満月じゃないのにね。
こういうとき、田舎でよかったな、と思ったりするのでした。笑
by webkuan | 2009-01-16 00:41 | ■日々

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー