<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

そして散歩な日

d0051613_22154961.jpg

アトリエにて作業な日。
肩はこってくるわ、まとまらないわで、足りない画材を買いがてら、散歩。
なので今日はめずらしく奈良公園とは反対のよく行く文具屋さんのある新大宮方面へ。
車があればすぐの距離でも、歩くと結構な距離になる。
奈良にアトリエ借りて4年?
それでもほんと通ったことのない道ってまだまだ結構あるのだなあと思う。
この時期南天がいろんなところでお目見え。赤いたわわな実がきれい。

昔からある画材屋さんに途中立ち寄ると、日本画に近いことを少し習ったからわかる画材を結構置いてはることに気付く。いつからあるんだろう。と思って調べてみたら56年目ですって!
アイボリー画材さん、ちびっ子の頃にパステル買うのに連れてってもらったのが初めてだったけど、あのころから印象が変わらないお店なのです。なんだか落ち着く。
d0051613_2216917.jpg

少し行くと、これまた昔ながらなパン屋さん。
お昼を食べてなかったのでおなかがぐるぐる。
思わず買い食い。
とっても正しいジャムパン。
もっとおいしそうなものがあったのに、このレトロなオリジナルパッケにやられて思わずジャケ買い。。。ロールケーキがおいしそうだったのにな。奥にいかにもな「工場」な場所がどかんと広がる不思議なお店でした。次はロールケーキを正しく買おう。

そのまま新大宮から24号線経由でくるみの木に寄って、少しラフまとめて戻りました。
しめて、iPhoneの歩数計では2477歩。でも時間が1時間9分ってなっているから(たぶん倍以上歩いていると思う)実際はもっと歩いている??

下手したら一歩も出てない日もあるよな、あんまりにもな運動不足。
時間を見つけてはてくてく歩く、をしばらく続けようと思います。
by webkuan | 2010-01-26 22:30 | ■toy camera★

やさしいこと

d0051613_12261978.jpg

よくいろんな人に「ちゃんとごはんは食べなさい」と言われます。
そんなに食べてないイメージなんだろか。
まあ、同じものを続けて食べることに抵抗がないのは否定できないけども。

そんなわけで、スープばかり食べてます。
骨付きの鳥肉と生姜を最初におなべでことことこと。
(やってみて思ったけど、手羽中が一番簡単にとろとろになります)
その間に金時芋をさいころ状に切って、レンジで使える蒸し器に。
さらにその間に白菜を食べやすそうな大きさに切って、白いところからおなべへ。
そうこうしているうちに金時芋があがってきて、お鍋で合わせてしばらくまたことことこと。
少量のコンソメと塩こしょうで整えて、やさしいやさしい味。

最近、「やさしい」ものに惹かれる。
入り口でかちあったときに譲りあうとか、たくさん話してお店を後にするとき、きちんと見送ってくれるとか、ちゃんと目を見て話を聞くこと、とか。
きっと、ちょっとしたことなんだけど、そういうことの積み重ねで、人も自分もやさしく在れる気がする。
小さいことかもしれないけど、きっと、おろそかにしてはいけないこと。
自分が周りにしてもらっているように、自分も周りにそう在りたいと思う。

わすれないように。

最近仕事と別件で動いていることがあって、結局もうどうしようもない感じなので、とうとうPAOを手放すことになりそう。
ちょこちょこ車を見に行っているのだけど、今時の車はいろいろすごいのだね。
比較対象が22年前の車、てのは大きいと思うのだけど。
それでもやっぱり、あのまあるい目だとか、バックライトの形だとか、いろんな意味で、そうかー、そうよねーと。
どんだけ好きなんって言われても、やっぱり「車」じゃなくて「PAOが」好きだったのだなあとしみじみしてしまうのでした。

私はたぶん、人より愛着を持つ気持ちが強い人なのだと思う。
偏っているかもしれないけれど。
だから、結構変化に弱い。
慣れると、全然大丈夫なのも知っているけど、変化のそのときにいつも困ってしまう。

それは、人でもものでもそうなんだけど。
きっと、だからな今だとも思うし、33年もそれでやってきたのだから今更どうこうってしようとも思わないけれど、きっと今年は少しずついろんなことに変化が起こって、きっとそれをちゃんと受け止めてかないとだめなんだろうなと思うのです。

2010って数字がそうさせるのかもねって、言われて妙に納得したなあ。
そんなこんな。
ひとまず今は、いまやるべきことを。
by webkuan | 2010-01-22 13:22 | ■わすれないように

いそいそがばがば

d0051613_23511577.jpg

風邪ひいた!

って思ってから、決死の自己救助のためえんえんみかんを食べ、水分補給をし、寝るときには卵酒!ほっこほこなだるま状態で仕事していた数日。とりあえず風邪も治りつつ、口のヘルペスもようやく治ってきました。がんばった!

だけどもなんだか気持ち的に余裕のない日々。
今年はもっとブログアップするんだ!とか思っていたのに、結局1週間間が空いてしまった。。。ことに、がっかり。

そんな日々を助けてくれていたのがリンクの曲。
思い切り癒されます。
ここをみてくれている、ちょこっと疲れちゃったみなさん、ぜひ繰り返し聞いて癒されてください。(が、中毒性があると思われます。そこらへんは、自己責任でお願いしますw)

U900 -Walk Don't Run (Isogabamaware)
exciteブログって、youtubeのリンク貼れないのでしょか。やり方がわからず、とりあえずリンクを。

ちなみにもっとたくさんあるのはこちらのmyspaceをどうぞ。最初に見たのはクリスマスの曲だったのです。そこから身悶えてしまったのでした。

ちなみに最近ブログを更新する余裕のないときに、それでもぽつぽつしたいときに結構な勢いでtwitterをしてたり。そこでこのこたちのクリエイターさんともつながってしまった。大好きな漫画家さんとかもいたり!あなどれないです。おもしろいのです。

今日は大阪公会堂での安藤裕子のアコースティックライブ。
ゆるさかげんに、ほんとにほっこりさせてもらったのでした。
安藤裕子さん、2005年のLmagaさんのクアトロでのイベント、「なでしこスウィング」(リンク懐かしすぎる!)でライブしたはったとこで私は展示で参加させてもらってたのでした。というのがきっかけで、実は大好きになった人。

そしてこの春の個展、このときに知り合った、これまた大好きな人とご一緒させてもらうことに☆
これは、ひっぱって、あらためて個展の事をHPにアップしてからとくとくと書いてみようと思います。

これから春まで、たぶんいっぱいいっぱいな日々が続くけども、いろいろあるけども、適度に息を上手に抜きつつ(お友達なみなさまよろしく)がんばって切り抜けたいと思います。
・・・・確定申告もありますから!
by webkuan | 2010-01-17 00:14 | ■toy camera★

風邪

d0051613_901464.jpg

昨日の朝起きてから、喉におもいきりの違和感。
あ。やばいかも。
と思ってからは、笑けるくらいに正しく風邪が進行。苦笑
喉の痛み→背筋の悪寒→2日目にして口角ヘルペス
って、何やらものすごく弱っているっぽい。
この冬初めてのまともな風邪。いつも冬場体調崩し気味だったのに、今年はやばくなってもなんとか持ち直していたのだけど、とうとうやってきてしまったみたい。
(でもいつものことを考えるとかなり優秀です)

ひとまず以前に病院でもらって残っていた薬を調べてみたら、まったく同じ症状のときの薬だったので残った4回分を飲んでから、それでも無理だったら病院行く事に。

日曜日、毎年恒例の松竹座の歌舞伎予定なので、意地でも直すべく、昨日から頑張って応戦中。

・風邪の初期症状に良いらしい白菜たくさん入れた豆乳ポトフ。
丸大根がとろとろで予想以上においしくて、食欲はないけどもひとまずちゃんと食べてる。
(甘くしようと思って金時さつま芋買って来たのに入れるの忘れたので、追加していく予定)

・風邪の症状にはビタミンと水を大量に取るのがいいらしいので、みかんを大量購入
角の八百屋さんのみかんは1Kg150円。こぶりで皮が薄いあまいやつ。
一度に4個ずつくらい。
夏場は1日2lくらい飲んでた水を最近ほとんど飲まなくなってたので、薬飲むのと同時に水もできるだけ飲むようにする。

・丸大根を1cm角に切ったものにたっぷり蜂蜜かけて蜂蜜大根を作る。
これまた予想以上に喉に効いている気がする。
(今回喉がものすごく痛いので、よけいそんなふうに感じるのかも)

・寝るときに卵酒
貰い物の日本酒と卵と少しのお砂糖。
レンジでチンしつつ、まぜつつしたら、とろとろの卵酒に。
ほっこりしつつも日本酒なのでほろ酔いで朝までぐっすりだった。今日ももう1回分できそう。

病は気から。
とはいえ、ヘルペス出てる時点で弱っているのはほんとなので、無理せずおとなしくやることはやっとこうと思います。
だいじょうぶ、だいじょうぶ。
(と、言い聞かせるのも対策のひとつ)
by webkuan | 2010-01-08 09:14 | ■日々

冬の散歩道

ここ最近、何やら呼吸が出来にくい。
大きく吸っても酸素が入ってこない感じが、なんだかもどかしく。
散歩したり、気分転換した方がいいよって言われて、今日は仕事の合間に二月堂に上がってきた。
いつもは帰りに楽するべく、小さい自転車で行くのだけど、今日はえっちらおっちら歩いてみた。
d0051613_20501750.jpg

東大寺裏の鹿はすごく仲がいい。
普通はたいがい多くても3頭くらいの集団な気がするのだけど、東大寺裏の子たちは、大きな群れを作っていて、転害門から東大寺裏手にかけて大移動する。丁度群れの散歩帰りに出会ったみたい。
鹿は苦手だけど、この群れはなんだか好き。
そして鹿のおしりはかわいいと思う。
d0051613_20522154.jpg

東大寺の裏手から二月堂に上がる道って、すごく素敵なのです。
こんな風によく、絵を描いている人に出会う。
d0051613_2053916.jpg

ほんとはおじさんがいる場所が一番いい感じに撮れるのだけど。
だんだんな感じが好み。
d0051613_20535723.jpg

私はいつもこの裏手の階段から登る。
d0051613_20542965.jpg

手を清める水が出る場所、こんな形してたのになぜか今日気付いた。今まで何度も来ているはずなのにな。
d0051613_20553063.jpg

めっちゃカメラ目線ですが、この子、数分くらいの時間、ずっと喫茶店の中をうかがってたのです。その伺い方は「入ろうかしら、どうしようかしら」な、おばさまのよう。なんだかおもしろすぎたのに、近づいたらものすごいカメラ目線になってしまった。
d0051613_20565745.jpg

今日一番の男前くん。
東大寺の表の鹿たちは寄ってくるけど、裏手のこたちは警戒心が強いと思う。
それでも、とおりすぎようとしたらお辞儀してくれた。

前回散歩に出たのが、紅葉の少し前。
気付いたら秋がいってしまってた。
お参りしたときに合わせた手が温かく感じるくらい、今日は空気が冷たかった。
上手に撮れなかったからアップはしていないけど、それでも、桜のつぼみはかたくかたく芽生えはじめていて。
気付くといなくなってた秋のように、きっと、春が来るのもあっという間なんだろうな。

あれこれ、がんばらねば。
とりあえず、仕事落ち着いたらHP更新したい。
by webkuan | 2010-01-06 21:00 | ■toy camera★

あけました。

d0051613_19204766.jpg

2010年になって、気付くとすでに5日も経っています。
今さらですが、あけましておめでとうございます。

年末年始、ずっとなんだかあわただしかったり、こころ穏やかでない日々が続いていたけども、そんな中でも周りに支えてもらっていること、自分自身が支えたいと思う人が居ることを感じれたここ数日。
これはこれで、きっと糧になっていくのだと思います。

2010年、3月に東京神楽坂のフラスコと、4月に京都五条のefishと、おなじみの場所で個展をさせていただきます。
今までのツテをフル活用して、受注制でゆかたを作ってもらうことに。
こちら、まだかっちり固まったものが出来上がっていないので、今月いっぱい時間をかけて練り上げて、また改めてお知らせしたいと思います。
タイトルだけ、決まっているのだけど。
それもまた、改めて。

3月なんて、きっとあっという間。
毎年泣きたい気持ちになる確定申告なんかもあるし(涙)あれこれ、始まっていること、やりたいこと、やらなくちゃなことにまみれた日々になりそうだけど、出来るだけ丁寧に関わって行きたいと思います。

ひとまずは、年賀状を出し切らなくては(涙)遅くってごめんなさい。

写真は厄払いにここ数年、毎年金比羅山に行ってて、今年もフライング気味に(確か厄が明けるのは2月なはずなので)お礼参りに行ったのだけど、そのとき立ち寄ったカフェ「神椿」の壁面。
手描きの蒼い椿が一面にあるのが壮観なのです。

ちなみに
d0051613_19335537.jpg

今年の金比羅山のお守りはものすごくかわいかった。
普通のお守りにプラスして、小さな陶器のわんこのお守り。
金比羅山は山の上にあるから、遠方の人は飼い犬にお参りに行かせた、という物語があるらしく、それをモチーフにしたもの。
金比羅山のん、毎年なんだかんだで心惹かれるものがあるのです。
ポスターもパッケージもとても素敵。これだけ心惹かせるのはすごいと思う。
友達も私も、思わず買ってしまったのでした。
厄は終わるけども、新年の行事として毎年来てもいいよね、と友達と話していたから、良いはず。

そんなわけで、新年早々相変わらずばたばたしていますが、本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
by webkuan | 2010-01-05 19:35 | ■toy camera★

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31