<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0051613_17134278.jpg

お店の中の装飾もさせてもらっているefish。
今回は、東京で「めずらしいね」と反応のあったペンギンたちを、鴨川で遊ばせる感じで装飾してみました。五条大橋から見て、ペンギンがいっぱい!と思って来たの!と言ってもらえることもちらほら。
d0051613_17135966.jpg

ちょこちょこと、ストーリーがあって、
左側には悪いことして連行されてる子がいたり、
右側にはラブラブな二人をみて落ち込む子がいたり。
d0051613_17134924.jpg

また、ペンギンは窓の中が世界なはずなのに、脱走しようとして怒られている子がいたり、
d0051613_171345100.jpg

その反対側には愛の逃避行に走る二人がいたりも☆
d0051613_17133836.jpg

こっそり、テーブルにも1匹ずついたりします。
あと、写真を撮り忘れたのですが、メニューにも極小のペンギンがひとりずつ。
d0051613_1714782.jpg

夜になると、光の加減で壁に影が出来るのですが、ペンギンが太ったり痩せたり、日によってちがってそれが我ながらかわいかったりも。
d0051613_1714322.jpg

エントランスにはDMにもつかった萩の花のゆかたを。
京都では完売していて、何人もの方にあれはないのかと聞かれました。
今年の企画、そろそろはじまるので(というか、始まっていてちょっと焦り気味)そちらに活かせるようにしたいと思います。
d0051613_17152334.jpg

ちなみに唯一大雨だった木曜日、金土日が晴れますようにと吊るしたてるてる坊主。
ものすごい威力で梅雨まで明けてしまいました。
たぶん空調の何かだと思うのですが、ゆ〜〜〜〜〜〜っくりとくるりくるりと回転し続けたてるてる坊主くん。見回りをしてくれてたのだな。
d0051613_17135360.jpg

今回は窓を中心に装飾させてもらって、壁は基本的には少しだけだったのだけど、時計のところに
萩の切絵を少しだけ。
d0051613_1713324.jpg

いつも棚にゆかたを置いていたのを、ラックにかけたので、棚はいままでになくすっきり。
よく考えたらもっと早くに気付くべきだったのではと、今更ですが。
d0051613_17135613.jpg

東京で4日でなくなってしまったつばめさん。
京都では途中まで作って行って、平日の暇な時間にちくちくと作ってました。
まだいくつか残っているので、もし気になる方はご連絡くださいです。
追記:
いくつかお問い合わせいただいて、おかげさまで現状あるもの完売しました!
次からのお問い合わせのものに関しましては、お問い合わせ後に制作してからの発送となりますので1週間ほどお時間いただきます。それでも良ければ、でお願いします!


efishには、近所のおじさんおばさんおじいちゃんおばあちゃんなんて常連さんもいはるのだけど、今年もみなさんお元気そうに通ってはったのを確認できたのも、なんだかうれしかったのでした。

家に帰れる分、体の疲れが外泊よりは取れるらしく、東京の時より「元気そうでよかった」と、いろんな人に言われました。

そして、東京京都通してですが、いろんな人に「おめでとう」の言葉をたくさんいただきました。
こんなにおめでとうを言ってもらえるのって、一生にそうそうないですよね。
結婚式やらなんやらが、もう少し先なので、今年は一年通しておめでとうをたくさんもらえそう。
と、思うと、長いスパンの行事ごと、ある意味素敵なのかもしれません。

そんなこんな。
efishでの個展では、毎年手伝ってくれる友達たちが、こちらが何か言う前にとっとこ作業をしてくれていて、まるでチームかなにかみたいで、それもありがたいし、うれしかったのでした。
チームワークってこういうこというのではないだろうかと。
efishで去年まで担当してくれていた人が、また旦那さんと一緒に来てテキパキしてくれたのも、なんだか泣きそうやった。
会期中も、スタッフさんたちには居心地良いように、いろんなことを気遣ってもらいました。
本当にいろんな人に助けてもらって成り立っているなと、しみじみ。
私にとって個展は、人のありがたみを再確認させてもらう日々だと思います。

関わってくれたみなさま、来てくれたみなさま、そして新しく家族になったばかりにも関わらず、当然のように協力してくれていた夫にも感謝です。
本当にありがとうございました。

これからも、地道にでも続けていけるように。
ちょうどefishでの搬入の日にフリーランス9年目に突入して、改めて思ったのでした。
これからもどうぞ、よろしくお願いしますです。
by webkuan | 2011-07-13 17:55 | ■展示
d0051613_16282687.jpg

元々、フラスコのオーナーさんである貞さんのお店「神楽坂 貞」で、ほんとにたぶん最初の回からコトコを扱ってもらっていたのがきっかけで始まった「フラスコ」での展示。
d0051613_16282327.jpg

最初から知ってくれているだけに、ほんとにディスプレイも上手に見せてくれはりました。
フラスコでの展示は、お店のよう。
d0051613_16283238.jpg

実際「いつからここ開けはったん?」(の、関東言葉)みたいに入って来てくれる人が多かったりも。
d0051613_16282942.jpg

DMにも使ってたこともあり、トルソーに着せ付けた萩柄の水色ゆかた。
2着あったのが、速攻でもらわれていきました。
d0051613_16281669.jpg

震災の事とかあったのもあり、なんとなく動物がわんさかいると、ほっこりしてもらえるかしらと。
水に入るためにかがんでいるペンギン。
ステッカーで見ると、「ほんとうにもうしわけございません」と言うてるみたい。
ってことを話していた人が、3枚ばかり買ってくれたのに、東京だったのでつっこめませんでした。(でも未だに気になるのですよ。なにしはったんやろ)
d0051613_16282024.jpg

東京ではなんとなく、思いがけずの素敵な出会いがちらほら。
「それがあるのが、東京や」
とは、ゆかたの会社の顧問談。
たしかに。
形になったり、長く、繋がって行くと良いなあ。

東京では、半分ホテル、半分友達や知人のお家に泊めてもらった12日間だったのですが、これまた素敵なおもてなしをしてもらってました。
あまりに感動したので写真もたんまり撮って来た。
こちらはまた、後日。

ちなみに、12日いた東京。
帰った日、あまりに疲れていたので、今日はお風呂にゆっくり入ってお酒キュッと飲んで早く寝るぞ!と思いつつ、果物やら日本酒やら買っての帰り道、そういえば鍵の存在、気にしてなかったけどどうしてたっけ?と思って鞄を探ったのですが、びっくりなことに見つからない。
そう言えば、東京で持ち歩いて落とすと困るからと、キャリーバッグの方に入れていて、それを荷物と一緒に送ってしまってたのでした。

人間、本当に途方に暮れると固まるよう。
なんせ鍵を受け取らないことには荷受けもできないし、それは明日の午前中のこと。
実家に帰ろうにもたぶん着く頃には両親は寝ている時間だし、何より午前中に戻ってくるのがなかなかむずかしそうで。
ほんとに困って、昔の会社の先輩が唯一一人、最寄り駅に住んでいたので泣きついて、泊めていただいた上に次の日たまたま代休をとられていた旦那さんに荷受けに連れて行ってもらって事なきを得たのでした。

どこまでも人生ぎりぎりセーフ(セーフなのだけが救い)な私だったのでした。
by webkuan | 2011-07-13 17:12 | ■展示
d0051613_16263987.jpg

個展終わってから3日経ちました。
その間、商品の返却へ行ったり、病院へ行ったり、ためてしまってた洗濯物や家のことを整えたり、なんだかんだで動いてやっと日常に戻りつつあります。

今年もたくさんの人に来ていただきました。
タイミング良くたくさんお話出来た人、土日のピーク時でわやくちゃになっていてあまりゆっくりお話出来なかった人、毎年来てくれる人、はじめましての人。
いろんな人に会えたり、いろんな人に助けてもらったり。
そうして、また一年がんばろうという気持ちをもらうような、ある意味自分にとって儀式的な意味合いもあるような気がします。個展って。

そんな気持ちをたくさんもらいました。
また一年、がんばろう。

この後、フラスコとefish、2カ所といくつかのカテゴリーでまとめてアップしてみようと思います。
お時間ある時に見てもらえるとうれしいです。
by webkuan | 2011-07-13 16:27 | ■展示

京都展、あと2日です。

d0051613_961025.jpg

あまりにも雨だった二日前、
思わず頭がこぶし大くらいの特大のてるてる坊主を作って行ったのです。
空調の関係か、ゆっくりくるりくるりと回転し続けるてるてる坊主くん。
でもそのかいあって威力は絶大らしく(?)数日前は雨予報だったこの土日がなんとかお天気もちそうで、ちょっとほっとしていたりします。
エントランスにいるので、来てくださった方、こいつか!とにやりとしてもらえたら。
d0051613_95426.jpg

東京で、8個だけだけど、まあだいじょうぶだろうと、たかをくくってたつばめさん、平日の時間でちくちく作り進めて、今efish にまだまだあったりします。(とはいえ、8個)
普通に髪留でも良いんですが、鞄の持ち手にくるくる付けたり、ブレスレットと一緒に腕にくっつけてもらっても。
d0051613_953773.jpg

今回のペンギンさん、夜の影がかわいく映ります。
その時々で実物よりもスリムだったり、余計に太ってたり。

いざ写真をアップしようと思ったら意外と思ったほど良い写真が撮れていなくて、今日明日でも一度撮っておこうと思います。

今日明日は朝から晩までいるつもりです。
なんだかんだであっという間です。
残り二日間、お待ちしております☆
by webkuan | 2011-07-09 09:12 | ■展示
d0051613_17392632.jpg

個展の写真をアップしたいのに、家のことをなんだかんだとしていたら結局時間がなくなってしまってそちらはまた後ほど。

とりあえず、本日のことなので、うれしはずかしご報告なのです。

本日、夜9時半〜10時、KBS京都ラジオ(1143kHz)「高橋マキのぐるぐる京都」という、ライター高橋マキさんの番組に出してもらいました。
過去形なのは、収録のかたちだったので、とってもらったのが東京個展の搬入前日の6/15だったから。
搬出の荷物出してすぐに京都へ向かってたのでした。
人生どこまでもなんだかギリギリセーフな事が多い気がします、わたくし。

ちょっと久々にお会いしたマキさん、開口一番に「結婚おめでとう〜」と。
この個展通じてもそうなのですが、最近ひさびさにお会いする人には最初の挨拶のように「おめでとう」をもらいます。笑
人生でそうなんどもある期間じゃないよな〜と思う。
そして結婚式は秋から冬なので、今年はなんとなくイベントな年なのかもしれませぬ。

そんなわけで、近況報告もしつつ、今開催中のefishでの個展のことについて説明しつつ。

「同じことを繰り返すかもしれないけど、今きいたように話してね」
と、あらかじめ言われてたけど、実際マイクを前に話していると、緊張しているものあったけど、なんだかわけがわからなくなってしまって、必要以上にいらんことまで話してしまった気がして、実は気が気じゃなかったりします。ううう。

ちなみに、遠方の方も、KeyHoleTVというのをダウンロードしたら聴けたりします。
http://www.v2p.jp/video/

私、奈良のアトリエが1Fだったこともあり、電波がわるくてラジオはもっぱらradikoと番組がはじまったころにマキさんが書いてはったKeyHoleTVを使ってました。
ちょっと、音がぷつぷつ途切れることがあるけれど、音楽番組ではないのでとりあえず聴けます。

試しで聴いたマイクを通した自分の声は、いつも認識している自分の声じゃなかったです。
これ、私の声を知っている人が聴いて、いつもの私の声だと思うのかな。
うちは、夫がラジオの前で正座して聴いてみるらしいです。
私は横でじたばたしているかもしれない。

でもまあ、そんなに滅多にあることではないので、お時間合う方、おっかなびっくり話している私を笑うも良し、よかったら聴いてみてください。


聴き終わっての追記:
自分の声ってあんなだっけ??と。
そして、私緊張すると、息継ぎを忘れて必死に話すらしく、そのことが夫の指摘で発覚しました。
どうりで息苦しかったはずだ。
聴きつつ、友人知人がつっこんでくれているtwitterの返事しつつ、夫に突っ込まれつつ、なんだかわったわたした時間でした。
たぶん、緊張しすぎていた収録当日よりも変な汗をかいた気がします。
聴いてくださったみなさん、つっこんでくださったみなさん、ありがとうございました☆
聴いてくれた人がたくさんきてくれるといいなあ。。。。。
by webkuan | 2011-07-05 17:53 | ■お知らせ
d0051613_0513785.jpg

7/2から始まった京都efishでの個展、無事3日目が終わりました。
来てくださったみなさま、ほんまにありがとうございました!

あと、のこり6日間なのですが、
東京から搬入まで続きすぎたので、若干息切れ気味。
英気を養うべく、本日7/5(火)は一日、
efishへ行くのをお休みしようと思います。

水曜日からはまた最終日まで行く予定です。
明日会いに行ってやろう、と思われてた方いらしたらすみませんです。

月曜日の空いた時間を使って、
以前ブログにあげていたつばめさんを追加で5点ほど作り足しました。
(土日ないの?と聞いてくれてたかたすみませんです)
また時間を見つけて少し作りたそうと思っています。

明日は今回のペンギンわんさかの展示風景や
搬入のときのことなど、少しアップしようと思います。

今日はしょぼしょぼなので、
おやすみなさい。
by webkuan | 2011-07-05 01:03 | ■お知らせ

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31