d0051613_23284637.jpg

前回のブログから早5ヶ月...!
季節は秋へと移り変わっています。びっくり。あと2ヶ月ちょっとで今年が終わってしまいますよ。

以前季節のカードを作らせていただいていたMaduさん
密かに夏のタイミングから、季節のカード作りを再開させていただいていました。
すでに、季節は移り変わり、今は「秋」のカードを置いていただいているのですが。

10月中旬から、Madu Autumn2015ということで、菫フェアをされるのに、ポストカードとブローチを展開していただいています。
d0051613_2336829.jpg

今年もファブリックブランドのMas d'Ouvan(フランス)や
SAVA(インド)をはじめ、国内外より秋冬の新作が入荷しました。
又、秋冬から春へと季節を繋ぐ花「すみれ」をモチーフにしたアイテムや、
秋の食卓を彩るテーブルウェアも多数ご紹介しています。
Maduさんのブログから一部抜粋させていただきました)


今年から再開させていただいたポストカードたちは、ぺたりとした印刷に、デザインの一部にハンコを作って1枚1会いぺたりぺたりとスタンプしていたりします。
Maduさんは、手仕事の物たちを扱ってはる素敵ショップさん。
前の時も印刷だけじゃなく、一部手を加える、と言う部分にこだわって作らせていただいてたので、今回はどんな感じにしようかとあれこれ試した末、金や銀、パッと明るい色など、ちょっと特別な色をハンコでぺたぺたしてつくることにしました。

そして、今回初試みのブローチ。
d0051613_23285336.jpg

実はバイヤーさんと、Facebookなんかで繋げていただいていて、娘の上靴に刺繍したところから始まり、このひとつ前のブログにあげていた刺繍の髪飾りとかとか、なんだか刺繍するのが楽しくなっていたここしばらくだったので、なにかそれで、ブローチとかご提案させてもらえたら...とお願いしたところ、発注をいただいてしまいました。
その数、紫と白と合わせて55個。
店舗数が多いお店なので、たぶん1店舗あたりの数はしれているんだと思うのですが、それでも手刺繍して、綿を詰めてふっくらさせて手でかがったり、実は裏面にもネームタグを刺繍糸で縫い付けたり、ブローチピンを埋め込んだりと、じみ〜に手の込んだ作りになっていて、行程が多い上、55個も作っていると、仕上がりにそれはもう差が出て来てしまうわけです(要は特訓を受けているような状態になって、数が後になるほどものすごい上達を遂げてしまったのでした)。
でも、あくまでこれは「商品」なわけで、一定のクオリティは維持しないとダメな訳です。
というわけで、最終的にそこそこの数を自己修正して納品を終えた頃には、本当に抜け殻のようになっていました。全ての時間を自分に使える訳じゃない状態な今なので、1ヶ月弱でよく仕上がったものだと、自分で言うのもなんですが、本当にがんばりました...

同じタイミングで、娘の幼稚園の入園手続きがあったりして、密かに周りの人に呆れられるほど2つの幼稚園で迷いに迷いまくっていた私。本当に願書提出の3日前まであがきにあがいて、最終的には娘も納得して決められたのでよかったのですが、どちらもの疲れでへろへろになり、結局どちらもが終わったタイミングでしっかり寝込んでしまってたのでした。年々無理が利かなくなっているようです。とほほ

そんなこんなで、自分でいうのもなんですが、なかなかにかわいく出来たと思われます。
お近くに行かれた際には、ぜひぜひお立寄の上、手にとてみてください。

Maduさんのショップリストは「こちら」のリンクからどうぞ。
http://www.madu.jp/shop_list/
# by webkuan | 2015-10-20 23:58 | ■お仕事
d0051613_1550289.jpg

先日、大切な人からの依頼で、披露宴のウェルカムボードを作らせていただきました。
はじめての写真入り!
披露宴の前の週に、名古屋での神前式の次の週、京都での披露宴で使われるとのこと。
なので写真自体が届くのが結構ギリギリで、ドキドキしながらの制作でした。

着物の着付師をされている吉澤暁子さん。
披露宴のドレスコードも基本着物という、まさに「和」の人。
でも、あえてあまり「和」を意識しすぎずに作りたいとのこと。
また、後々飾るときにも、あまりにもな「結婚パーティー」的なものは避けたいから、なんなら名前も入れることを迷うくらい、と。
また「結び」をテーマにしたいとのこと。
着物業界だから帯締め?と言われたけど、それだとご希望の「和すぎないもの」ではなくなっちゃうし。
うぬぬぬぬ、とあれこれ考えまして、基本はご希望の芍薬をベースに、結婚式で持たれたくす玉のようなブーケをイメージして、そこに大きくリボンを「結ぶ」ことにしました。
d0051613_15503995.jpg

パールシルバーの切絵に和紙にぼかしたように色づけして、重ねています。
ふんわりしたイメージで、和紙らしく手でちぎりました。
d0051613_15504712.jpg

名前部分は、カリグラフィーっぽいものが好きとのことで、そんな雰囲気に、箔っぽい紙を使って、確度によると光ってくっきり見えるようにしました。
d0051613_15505787.jpg

光の具合によるとあまり目立たないので、お部屋のインテリアとして使ってもらっても良いといいなあと。
お写真も、目立たせたいわけではないとのことだったので、あえて和紙にプリントしました。
d0051613_1551246.jpg

パーティーと聞いていたのですが、ちゃんとした披露宴だった当日。
本当に最近ここまでしっかりちゃんとした披露宴ってなかったかもなーってくらいのしっかり具合。
そしてほんとうに、着物、きもの、キモノ!!!な人々。
あれだけ大勢の着物の人って見たことないくらいな華やかさでした。
あまりのきらびやかさ具合に、もっと「赤!」とかそんな感じがよかったのかなと思ったりも...
したけど、吉澤さんちには似合うのを知っているから、後々もお家で愛でてもらえるはず。きっと。

たくさんの笑いがあった宴、いつまでも大口開けてがははと楽しく笑って暮らして欲しいなあ。
やさしそうな旦那さんでほっとしました。

彼女は、自分がしんどかったときに、ちゃんと話を聞いて、支えてくれた大切な人。
別嬪さんなのに、豪快で、やることも起こることも本当にどどん!と派手な人で。
今回のボード製作中、今までのこといろいろ思い浮かんでしまって、なんだか面倒な部分を何度も一人でやりなおしたりしながら、泣けたり笑えたり大変だったりしました。
本当に、本当に、どうぞお幸せに。
d0051613_1665917.jpg

ついでに、この日私は諸事情あって洋服。
変に浮くんじゃないかとドキドキして行きましたが、せめてもと、ここのところなぜかちくちくしつつけている刺繍でヘア飾りを、密かに本当の直前まで作っていたのでした。
お会いした人たちにちょいちょいほめて頂いたのでよしとしよう。

最近は、まだ一時保育なんだけど、去年よりは時間を作れるようになったので、時間を見つけてはなにかしら作っています。どうも、「作りたい欲」がムクムクしている模様です。
# by webkuan | 2015-05-21 16:19 | ■お仕事
d0051613_1195867.jpg

サクラ精機株式会社様の、ショールームの装飾のための壁画の絵を担当させてもらいました。

なかなか営業が出来ない日々なのだけど、ありがたいことにちょこちょことお仕事をいただいていて、これは去年、個展にもなんどか来ていただいていた方からのご依頼で、はじめて「壁画」になるものをご依頼いただいたもの。

efishでさせてもらっていた個展のとき、スタッフさんや友達にもとてもとても助けてもらって、壁に切絵を貼って個展期間だけお店の雰囲気を作らせてもらっていたのだけど、それをみてくれはって三上さんの壁画みてみたいな、と思って頂いたそう。
それも、なんだかとてもうれしかったのでした。

「直接描いても、データでくれてもどっちでもいいよ。描くならその間、子供みといたげるよ」

と言っていただいて、本音を言うと、手で描いてみたいな、という気持ちもこっそりあって、相当に迷いに迷ったのだけど。

サクラ精機さん、家から通える範囲じゃなかったのと、2歳半を迎えた娘さんのややこしいパワフルさ全開さ加減とを考えると、満足いくまで描き切ることが現状では考えにくくて、今回は結局データ納品させていただくことに。
d0051613_1130236.jpg

桜。
すごく思い入れのある花で、その季節になると意味もなくうきうきしたり、泣きたくなったりする。
奈良にアトリエがあったころ、ベージュのパオに乗っていて、桜の木の下で車の天井をわしゃわしゃ開けて、桜をぼんやり眺めながら朝を迎えたことも何度もあって。
そのときかわいいなあ、といつまでも見てられた、いくつもまあるいぽんぽんのように集まった桜をイメージして、ちょっとぽっちゃりしたメジロさんも一緒させてもらいました。

企業さんの社内のショールームなので、なかなか行ける場所じゃないけれど、いつか見れる機会があればおじゃましてみたいなあ。
機械を扱う企業さんだけど、サクラのモチーフをサイトにも少し使われていたり、ショールームでこんな風に絵を扱ってもらったり、というのは、なんだかいいなあと思うのでした。

フリーランスになったきっかけ、私の場合、「描くことでどこまで広がれるかみてみたいな」と思ったことだっただけに、やってきたことを見てもらってご依頼いただけた今回のことは、なんだか本当にうれしかったのです。
ありがとうございました。

また機会があれば、装飾することも、もっとやってみたいなあ。




日々のこと。
なかなか思うように動けていなくて、今は仕方ない部分もわかっていつつ、へこむこともやっぱりあって、でもそういうときにうれしいご依頼をいただいたり、商品を買ってくれはる人の対応があたたかかったりして、がんばらねば!とムクリと起きることが出来ています。ありがたいことです。

3月に入ったら、去年までよりは少し時間を作れるようになるので、少しずつかもしれないけれど、また新しいことが出来るようになるべく、改めてがんばろうと思うのでした。
# by webkuan | 2015-02-22 11:49 | ■お仕事
d0051613_10203620.jpg

お店のショップカードや、スタンプカード、クリスマスのチラシなどをデザインさせてもらった、大阪府河内長野市のパティスリーchouchouさんが、1周年のためのチラシを依頼してくださいました。
ご依頼いただいたタイミングでは、すでにロゴや天使のイメージイラストは決まっていたお店だったので、それを壊さないように、かわいらしく、な、いつもやっている感じとは全く違ったお仕事なのです。

今回は、写真を使わず、ほんわりしたかわいらしい感じで、印象に残る感じ、とのご依頼。
スタンプカードを作るとき、ご高齢の方が多い地域だからと、文字を大きくしたいと言われたり、来てくれはるお客様のこと、大切に考えてはるお店さんだったので、店主さんの言葉をお届けする感じで作ってみました。
似顔絵、我ながら結構上手に描けたような。おほほ
d0051613_10204084.jpg

本日から3日間、かなりオトクなセールを開催されますよ。
今回、新聞折り込みをたくさんされたのもあって、間違えて昨日並んでしまわれた方もいらしたとか。(日取りを間違えて印刷した?!とドキドキしましたが、それは大丈夫でした)

ちょっと中心部からは遠い場所なのですが、お天気もよい3連休、少し足を伸ばしてみようかな、な方はぜひのぞいてみてくださいね。アイス最中、今まで食べた中で本当に一番絶品な美味しさでした!

きっと、今頃てんてこ舞いでがんばってはるんやろうなあ。
chouchouさん、1周年おめでとうございます!
これからもおいしいお菓子たくさん作ってくださいね。
# by webkuan | 2014-09-13 10:31 | ■お仕事

通販してますのお知らせ

d0051613_1625758.jpg

長らく放置しすぎなブログ。
は、と気付いたら、去年の11月から更新していないとは...!
秋から夏の盛りになっていますね。

FacebookやTwitterなどでは告知していたのですが、現在ゆかたの通販を行っています。
https://webkuan.stores.jp/#!/

実は、今年2014年夏の商品で、現状のメーカーさんとの契約が最終となるため、
今の形でのプレタゆかたは今年が最後になります。

このブログに載せるのが遅過ぎたのですが、
一部商品は明日8/3の午前10時まで販売させて頂いています。
(メーカーさんに返却の〆切があるため)
https://webkuan.stores.jp/#!/?category=8%2F3%E3%80%8010時受付最終


期限付きの物は上記リンクのもので、
それ以外のものは、引き続き夏の間は販売しようと思っています。

現在自分で地道に出荷しているので、
こちらから出荷するものに関しましては、せっせと書類にお手紙書いて、心ばかりですが、おまけの商品を付けさせて頂いていたりします。

期間で言うと、丸10年。
最後に子供のものも作れたので、ある意味心残りはない感じですが、やっぱりずっと続けて来たことがなくなるのはさみしいなあと思います。

どこかのどなたかのお気に入りになるといいな。

こっそり本日で38歳になりました。
夫出張中につき、娘さんとふたり、あやしながら出荷作業をする誕生日。
すごくうれしいけど、なんだか大変、という、38歳の一年を象徴しているような一日なのかしらと、思ったり思わなかったり。

告知とかいろいろが上手にできていませんが、
これからも作ることは続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まずは、来年のお正月用のぽち袋を作らせてもらったのですよ。
またそちらは、改めて。
# by webkuan | 2014-08-02 16:34 | ■お知らせ
今年は2件、クリスマスケーキのチラシデザインをさせていただきました。
d0051613_11332317.jpg

昨年に引き続き、福岡は久留米市のパティスリーカフェpousserさん。
昨年の色違いでのご依頼だったので、今回はしっとりした深めの赤に。
d0051613_11363592.jpg

こちらは大阪河内長野市に新しくできたパティスリーChouChouさん。
ロゴに天使が入ったりかわいい感じのお店のようだったので、同じ赤でもポップな赤を使いました。

こちらではショップカードのご依頼もいただいて、また送りますねって言ってくださってたのですが、今日、うれしいお届け物とともに届きました。
d0051613_11405633.jpg

お手紙をみると、「少しですが、私の大好きなお店の焼きドーナツも一緒に送りました」と。
d0051613_11413798.jpg

ショップカードは名刺サイズなのです。
なかなかなボリュームなのです。

大好きなレモン味があったのでひとついただいてみると、柔らかくてしっとり。ドーナツというよりはケーキっぽい感じですごくおいしかったです!
上記、どちらもお店の名前部分に食べログのリンクをはらせてもらっているのですが、お店の様子をみるとものすごーく焼き菓子がたくさんある様子。
原材料をみても、なんだか親しみのあるものを使われていて安心感もありました。こちらバターも使っているけれど合わせて胡麻油使ってはったよ。風味がでるんですかね。
ChouChouさん、全国配送もされているそうですよ。
よかったらぜひ。

ここのところ、あおさんがいるから、もちろん営業とかはできていないのだけど、過去のお仕事を知ってくださってたり、このブログにアップしていたのを見てくださっていただくご依頼が多く、なんだかうれしいかぎりなのです。
今までみたいに24時間態勢ですぐやれます!みたいなことはさすがに出来ないけれど、今の出来るかぎりではあるけれど、やらせてもらえているのはありがたいこと。
そして、なんだか続けてきてよかったなあと思う今日この頃でもあったのでした。

どちらもケーキは12/20までの予約だそうですよ。
お近くの方いらしたら、ぜひぜひなのです。

パティスリーカフェpousser
久留米市合川町18-16 A-2F
tel: 0942-27-8455
営業時間 11:30〜17:00
定休日 日/月曜日

パティスリーChouChou
河内長野市錦町11-5
tel: 0721-69-7070
営業時間 10:00〜20:00
定休日 火曜日
# by webkuan | 2013-11-06 11:58 | ■お仕事
d0051613_0412394.jpg

水族館、たまに無性にいきたくなる場所。
だけども、なかなか行くには腰が重い場所だったりもしていたのだけど。

先日の土曜日、あおさん生まれて523日目にしてはじめての水族館に、家族3人で行ってきました。
とりあえず、たぶん一番近いであろう海遊館へ。

はじめての水族館は、一言で言うと、生き物を見るというよりは、走り回って楽しんでいた、と言うか、その底抜けの体力に大人が振り回されていたというか。
土曜なもので、人も多いし、何より青く暗い館内。
小さいのがちょこまかしたらば、大変この上ないので、親は必死です。
故に、メインの生き物たちが沢山見れる場所より、端っこの方で走り回ってくれている方が楽だったという。
d0051613_0412892.jpg

肝心の大きな魚を見せたらば、この通り、怖がって離れない。
まだちょっと、早かったかな。
d0051613_0411824.jpg

親二人は、出てきた時になんだか見たか見てないかよくわかんないなってくらい疲れ切っていたけれど、私は最後に見れたクラゲになんだか癒されて満足してしまったのでした。
以前は鰯の大群の通るトンネルみたいな場所があったのに、今なくなってるんですね。
なんか鏡ばりの場所になってた。
その奥にあった、オットセイが見える場所は知らなかったから、それを作る為に替わったのかな。
鰯のトンネルが実は一番好きだったから、なんだかちょっと残念だったのでした。

でも出口前にあった、生き物に触れますのコーナーで、はじめて鮫を触ってびっくりしたり(なんかツルンとしてそうに思ってたけど、鮫肌って言うくらいだからザラザラしてるのを知らなかった)それなりには楽しめたのかも。

次は動物園に行きたいなあ。
まだそっちの方が明るい場所だから、反応があるといいな。



実は、この前の日の晩、なんだかここの所いろいろと考え込むこともあり、ずっとあおさんと二人きりで向き合ってて思うように行かないことも多くて、体力的にも精神的にもちょっとまいってしまって、夜中に夫にあおさんを託して、泣きながら夜の散歩に出たのでした。
なんでこんなに泣いているんだろう、と思いつつ、なんだかものすごく情けなくて、ずんずん駅前の方まで歩いて、とりあえず甘くてあたたかい飲物を飲んで落ち着こうと思って向かってた所で、徳永英明さんが歌う川の流れのようにがいきなり大音量で聴こえてきて、あー、大声で歌いたい!って。
夜中だし、そんなに時間はないし、とりあえずあったかいもの飲んだものの、行きたい!て欲求がむくむくしてきたもんだから、生まれてはじめて一人カラオケに。

結果、最初の方は曲を入れ続けないとだからものすごく慌ただしくて、なんだか声もちゃんとでないしでわたわたしてたんだけど、途中からはなんだか必死に声だして、たった1時間だったけど、なんだかすごくすっきりして帰路についたのでした。

帰ってから、夫にどんなことがしんどかったのかとか、はじめて話すことなんかもあって、なんだかんだで、そういう機会あまりなかったし、聞いてもらって「抱え込みすぎるな」と言われてから、そうか、頼っても良いんだ、家族だもんな、と思えて、なんだか少し気分的に楽になれて。
ここ数日は、ちょこちょこと頼らせてもらっていて、ちょっと復活できてきました。
ありがたし。

そんなこんなもあっての、自分の気分転換も含めての水族館だったはずなのだけど。

なんだかんだ言っても、やっぱりあおさん中心に考えたり動いたりしてしまうのは、どんなに情けない部分があっても、やっぱり私もおかあさんになったんだなあ、と、妙にしみじみしてしまった週末だったのでした。
# by webkuan | 2013-09-11 01:23 | ■家族のこと

生後521日目のいま。

d0051613_21583518.jpg

娘が生まれて509日目の朝、どんどん伸びてきていた前髪(それはまるでデビュー当時のフミヤのような)に、はじめてはさみを入れました。

私もフリーランスになってから結婚するまでずっと髪を伸ばしていたから、前髪はセルフで切っていて、それにずっと使っていたハサミで。
よもや親子二代で使うことになろうとは思ってもいなかったけれども。

動こうとするし、夫に抱っこしてもらって、おそるおそる(だったんだけど、夫に言わせると思い切りよく)シャキンシャキンと。
はじめて切った髪の毛は、とりあえず紐で結わえて、夫からはじめてもらったプレゼントの箱に。
よく筆にしたりするのは知っているんだけど、はてさて、どうしよう、というのはもう少し考えようと思っています。
d0051613_21584912.jpg

切ったあとの娘さんは、それはそれは私の好みど真ん中な感じに。
切ったその日は、あまりのかわいさに顔を見ては何度も笑ってしまって大変だった。
がしかし、夫にしてみれば、「大五郎」のようであるらしく、イマイチ不評。
でも周囲のママさんや女友達たちにはそれはそれは大好評なわけで、これは男女の差とともに世代の差もあるんだろうな、と。
d0051613_2159460.jpg

最近の娘は、本当にアクティブ。
リビングの床に、安全を考えてコルクマットを敷き詰めたのを機に、少し模様替えをしたところ、ソファからカウンターに付けていた椅子へ一人でよじ登ることに成功したり。
d0051613_2202991.jpg

それはそれは満足げにそこら中にあるものを堪能されていたり。
(特に電話がお気に入り。でも間違って実際登録している番号にかけちゃったりするから遠のかせたのだけど)

最近は歩いて近所のスーパーへ散歩がてら買い物へ行ったりも。
買い物する時だけ、スーパーの座れるカートに乗せて、行き帰りは歩いて帰る。
小さな手をつないで。
とってもいっちょこまえに、一生懸命足を運ぶその様は、それはそれは不思議で、自然と日々に組み込まれているそれだけど、ふ、としたときにしみじみしてしまう。
あー、もう赤ちゃんじゃないんだなー、と。
d0051613_2205439.jpg

それは、2ヶ月遅れのいとこくんも同じで、ころころ転がってただけの赤ちゃんの時期を過ぎ、それぞれに個性が出て、本当に人間らしくなっていて、本当にうれしいんだけど、どこかちょっとさみしかったりもして。
きっと、自分が子供になっていってたとき、自分の親も、そんな風に思ったりしていたのかな、と思いをはせたりするわけです。

そんな、生後521日目のいまも、数ヶ月先にはすごく懐かしい時間にかわっているんだろうな。
日々が、本当にあっというまに過ぎ去って行くので、記録しておかないといろんなことを忘れてしまっているな、と思うことが多々ある。
全部を記録するなんて無理だけど、出来ればずっと覚えていられたらいいのにな。

ここ最近の、娘の新しい言葉たち。

両耳を指でつまんで「みみ」
手を指差して「てて」
仕掛け絵本に付いている鏡を見て、自分のことを「あちゃ」(あおちゃん)
寝て起きた時に洗濯物を干してくれてたおばあちゃんを探して「ちゃん!」(たぶん、おばー「ちゃん」なんだと思われる)
おもちゃのパーツを探しながら「ないなー」と「あった!」
こども用のパイプ椅子を運びながら「よいしょよいしょ」
未だに授乳中につき「ぱっぱいん!」とよじ登って来る。
Eテレの「いないいないばあ」のサンドイッチの歌をねだりながら「きゅきゅきゅきゅっ」と歌える。
おねだりする時は、人差し指を立てて「っかい!」(もう一回)
もちろん、ママ、パパ、もかなり明確に、意思を持って。

ここのところ、本当に語録が増えて、それなりに意味をなしているのがおもしろい。
これからもっともっと人間になってくんだろうな。



は。
と気付くと、今年も残り後少し、と言った方が確実に近いようになってしまってて、それなのにまさかの今年4度目のブログです。
日々の過ぎ去り方の早さに付いて行けてない。気付くと夏が終わろうとしている。
今年の夏は、コトコの担当をしてくださっている人が産休につき、代わりに担当してくれている人たちと、お互い慣れないやりとりと、なかなか作り出すのが難しい時間に追われてた。
少しずつ、一時保育を利用したり、夫や実家、妹に助けてもらいながら。
おかげで少しでもできた時間は、それなりに活用出来るようになってきた気がする。
がしかし、育児に家事、仕事で精一杯。
できるだけ、もう少し記録を残せるように、心にゆとりがほしいなあ。


おかげさまで、ぽつぽつとですが、通販のページからもご注文をいただいて、いくつかお嫁に出すことが出来ました。ありがとうございました。
そちらはゆっくりゆっくりになるだろうけど、細々とでも続けていけたらなと思っています。
更新出来たらば、Facebookとこちらのブログなどでも更新して行きたいと思っています。
よかったら、Facebookに「いいね」いただけるとうれしいです。
# by webkuan | 2013-09-06 22:41 | ■家族のこと

通販はじめました

d0051613_1123669.jpg

なかなかブログに手が届くまでに至れず、
TwitterFacebookではお知らせしていたものの、こちらでも遅ればせながら、通販はじめました、のお知らせです。

前回のブログに書いたように、自分ごのみのものがなかなか見つけられず、iPhone5ケースを作ってみたのがきっかけで、種類を増やして数種類作って、個展ができなさそうな今年はと、通販を試みてみることにしました。
すでに、ゆっくりですが、ちょこちょことオーダーいただいているのはありがたい限り。
コトコを作ってくださっているメーカーさんにもお願いして、コトコの商品も少しずつ通販出来るようにさせてもらおうと思っています。

それに伴い、まだまだ作業中だったりしますが、少しwebも整えてみました。

直接通販ページは<こちら>から。

ゆるゆるですが、また新しい商品が入ったらお知らせしたいと思います。

また、今年に入って、以前個展で承けさせていただいていたYOKANGさんとのコラボ浴衣のお問い合わせをいくつかいただいていて、現在進行させていただいていたりします。
(その時の浴衣が<こちら>
白生地をご自分のサイズにまずはお仕立てしている間に、デザインのやり取りをさせていただいて、沖縄のYOKANGさんに染めていただくというもの。
既製品だとサイズが合わなかったり、背丈のサイズがあっても腕がながいため、裄が短い等の場合、ご自分のサイズに合わせてお仕立て出来るので、もし気になる方がいらっしゃったらお問い合わせくださいね。

暑くなったり、肌寒く感じたり、なんだかまだまだ不安定だけど、確実に夏に近づいている感もなんとなくあって、いつも個展させてもらってた時期が近づくと、どうにもそわそわしてしまう私です。
今、ひとりでいた時よりは確実に時間は限られているけれど、だからこそ出来ることもやりたいこともまんちくなわけで。
子供服とか子供のものも作りたいなあ。





最近のあおさん。
お誕生日数日前からとてとてと数歩歩いたと思ったら、1ヶ月くらいでどんどこ歩くように。
こないだは河原の土手を、私の手を支えにはしているものの、どんどん何往復も上り下りするほど。
もうすっかり赤子じゃなくなっているな、と思う今日この頃は、うれしい反面、やっぱりちょっとのさみしさも感じていたりします。
これからもどんどん変化していくであろう彼女に、私もがんばってついていかねばだなあ。
# by webkuan | 2013-04-30 11:27 | ■お知らせ

制作、一歩め。

d0051613_14403114.jpg

重い腰をよっこいしょ、と、ようやく上げて、制作の一歩です。

iPhone5に替えてから、今まで使っていたケースが使えなくなってしまって、いろいろ探した結果、いまいちピンと来るものがなかったので、試しに気になってた自作で出来るケースを作ってみました。
なんだか久々にうれしくなってtwitterでアップしたら、思いのほか良い反応が返って来たのでさらにうれしくなってしまい、1種類だけではと、全部で3種類ほど作ってみました。
とりあえず、個人でのことなので、各12個ずつの小ロット生産です。
もし、完売出来ていい感じに進められそうだったら、柄を替えて次を作ってみようかなと思っているので、全部12個ずつの良い言い方をすれば限定品です。笑

来週後半には届く予定なので、ぼちぼちとですが、カードやステッカーなどの小物共々、地味に通販をはじめてみようと思っています。
また、準備ができたら改めてお知らせしようと思っています。
興味をもっていただいた方いらしたら、どうぞよろしくお願いします!


ここのところ、絵を描きたい欲がなんだかむくむくむく。
先日初節句で実家に帰ってお祝いしてもらったその日に、日曜なのに出発する夫を駅まで送った帰り道、お気に入りだったお花屋さん併設のカフェに行きました。
一人でお茶の時間なんて、今は本当に貴重で、花を見ていて本当にむくむくと、描きたい、作りたい、仕事したーい!!!って叫びそうになって、車の中で実際叫んでました。わー!

もうすぐ娘誕生から1年。
はじめて触るふにゃふにゃした頼りない人を抱えて、右往左往な1年が過ぎようとしている今日この頃、1年前はまだおなかの中に居たとは思えないくらいの成長を遂げたあおさん。
もちろんまだ赤ちゃんなのだろうけれど、ちゃんと意思を持ってあれこれする様を見ていると、本当に感心します。

でも、本当に描きたい!と思えたのって、正直こないだが一番強かったかも、という所を見ると、育児にもほんの少しですが慣れて来たのかもしれません。

結局、仕事するにしても家でのことなので、我が家では0歳児(4/3生まれなのでもう1歳なのですが、4/1現在の年齢でその1年が決まるそうで、次の4月からも0歳児扱いらしいこと、子供が産まれて初めて知りました。だから0歳児を2回する子もいるんなんて、なんだか不思議です)の間はひとまず忙しい時期だけ一時保育などを利用して、家で一緒にすごすことになりました。

1年通してまた少しずつですが、がんばってみて、さぐりさぐりだけど、自分達に合った方向を探していけたらと思います。

まずはweb整えよう。(何年も言い続けている気がするけれど!)
# by webkuan | 2013-03-08 23:43 | ■制作メモ

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30