甘いにおい

d0051613_10341218.jpg

今朝は仕事部屋のストーブで金柑を炊いた。
仕事部屋なのに甘い匂い。
ちょっと、おちついた。
# by webkuan | 2012-02-07 12:24 | ■日々

日々。

d0051613_1824111.jpg

最近、びっくりするくらい眠りが浅い。
夜中に何度も目が覚めて、
明け方に目が覚めると、びっくりするくらいぱっちり起きてしまう。
今までは一度寝たら朝までぐっすりな人だったので、
最近目の下にクマが出来たり、なんとなく目の周りが重かったりする。
夫が朝から出勤する人なので、
合わせてなんとなく起きるようにもなっていて、
朝焼けって結構派手だなあと思ったりして。

朝焼けと夕焼け、表情が違うのがおもしろい。
でも毎日上がっては、降りて行ってるのだなあ。
すごくすごく、当たり前のことなのですが。

そんな日々の中、
ここ数日でどかんとまたおなかが重くなってきている。
最近では、歩く自分を客観的にみて、
去年二度も散歩を観たペンギンみたい。
重くなる=もちろんおなかの人も大きくなってるわけで
「ぽこぽこ」程度だった胎動が、
ここのところ「みょん、みょん」くらいに。
膝掛けをかけていてももこもこ動くくらい。
今朝は初めてこれが噂のしゃっくりやろか?という動きも。
自分の体の中に他の人がいる。
しみじみ不思議。

やっとこ、最後の仕事の資料が集まる目処がたったので
あと1ヶ月とちょっと、しばし集中しよう。

それでもなんだか、人に会いたくて仕方ありません。
なんだかすごく、じたばたしているなあと思う、
今日この頃なのでした。

写真は、今朝の朝焼け。
ほんとはもっと、真っ白な感じやってんけどな。
# by webkuan | 2012-02-03 18:54 | ■おなかの人とのこと
d0051613_2075698.jpg

ブログって書くのさぼっていると、
いざ続けて書くぞと思った時に、何を書いていいのやらと思うのだな。。。

今日は取引先の長の方と、かなり久々にお会いしてミーティング。
時間になっても会えなくて、でもお互い同じ場所にいたのに、たぶん私が髪を切ったのと全体的に丸くなってるので気付いてもらえなかったりした。
フリーになってからのイメージって髪長いorコンパクトにまとまっている人やったから、久々に会うと最近そのイメージはなかったと驚かれることが多い。

お仕事の話だけじゃなく、日々の話や結婚についてのことや、仕事自体の考え方の話やら、本当にいろんな話をしてくれはって、その時々で、環境や状況って変化して行くけど、考え方を変えたら、それらに寄り添って行くことはできるのかもな、と、なんだか楽しみになれたのが一番ありがたかったなあ。

決して時間のある人ではないはずなのに、こうしてわざわざ最寄り駅まで来て時間作ってくれはるのもありがたかったし、またそうやって相手してやろうと思ってもらえるようにがんばろ。

写真は、自分のパーティーのときのウェルカムボード。
今までは色入れたり、あれこれしていたけれど、モチーフの葡萄を続けて使ったものの、クリスマス前ってこともあって、なんとなく金一色で柄のみ入れてみたもの。
光の当て方によってシルエットとしても雰囲気あったから、こういうのもひとつの手なのかも。
そうだ、webも整えたかったんだった!
とか、なんだかいろいろとやらねばな事が湧き出てきます。

最近、夜になるといろいろ不調がでてくるから、無理はしきれないんだけど。
おなかの人と相談しつつ、ひとつずつ。ひとつずつ。
# by webkuan | 2012-02-01 20:25 | ■わすれないように

2ヶ月ぶり。

d0051613_16161066.jpg

ブログ、書いてないなとは思っていたけれど、
まるまる2ヶ月くらい書いてなかったみたい。
年までまたいでしまいました。
いつも年末には一年の反省っぽいこともしていたのにな。

去年は一年、ほんとにいろんなことがあった。

相手が結婚しますの挨拶に来る予定だった日の前日に
震災があって、その後被災した会社のあれこれで
夫のお手伝いに動いたり
少しおちついてお互いの家に挨拶に行って
なんとか入籍して
新しい生活が始まって、
結婚式に着る振袖図案を考えているタイミングで
妊娠がわかって、あれよあれよと言う間につわりに翻弄され
そこから神前式と、年末に友達に来てもらってのパーティー、
たくさんのおめでとうの言葉もらって
年明けて北海道へ新婚旅行行って、
やっと、なんとか日常の今日この頃。

ただいま妊娠8ヶ月。
逆子と診断されて、逆子体操とやらにひいひい言いつつ、
3月の里帰り前に最後のお仕事と確定申告終わらせるべく
ひとまずよたよたですが日々を送っています。
北海道で会ったペンギンたちに、本気で親近感持ちましたから!

最近はおなかが重い。
お出かけする時には、そうっとベッドにとりはずして
ぬくく保った上で、さっさとお出かけして
戻って装着!とか出来ないものかと妄想したり。
そんなこと言うてるから、
逆子になって抗議されてるんだろうか。

妹曰く、北海道行って観た丹頂鶴に痛く感動して
お子の名前にどうにか「鶴」を入れたくて
いろいろ考えてたことに反抗してるんじゃないかと。
(どうも胎内で足をピンと伸ばしているのも
逆子が治りにくい原因らしいことを話したから)

結局、角数的にどうしてもむずかしかったので諦めたんだけど。

おなかの人が出てきて
今後どうなるのかな〜と、不安がないというと
正直、嘘になってしまうのだけど。
すごく素敵だなと尊敬している人からのお手紙に
「色々仕事をしてきましたが人間本来の営みが
 最も人を幸せにするのだと思っています」
とあって、
両親や夫、周りの人の反応を観ていても
なんだかすごくそれに納得できてしまって
反対に今だから「こういうものが欲しいな」
という自分の気持ちから作りたいものが出てきたりもしてて。

私は昔から変化が苦手だけれど、
きっと、そのときどきの環境や状況によって
いろんなことも変化すべきなんだろうなと。
きっと、そうやって成長していく気がする。
と、最近になってようやく思えるようになってきました。

ちゃんといろんなこと、楽しんで行けると良いなあ。
というわけで、
近々そんななかで思ってた「作りたいもの」のこと
聞いてもらって来ようと思います。
どうなるかはまだわからないけれど。
形になるといいなあ。
d0051613_1616541.jpg

ということで、
とっても今更ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します!
# by webkuan | 2012-01-30 16:57 | ■おなかの人とのこと
d0051613_1333351.jpg

はじめての本の表紙を描かせてもらったこと、前に書いたことがあるのですが、先週、著者の堀口初音先生の出版記念パーティーにおよばれしてきました。
d0051613_13325372.jpg

堂島ホテル。
京阪沿線なので、渡辺橋から行ったんだけど、あの辺り駅もホテルもなにやら重厚で素敵でした。
d0051613_13324491.jpg

パーティーってば、どんななのかしら、と思いつつ伺ったらば、えらいことになっていて、一体何人の着物の人がいるのか!という感じでかなり壮観なことに。
昨今の着物業界不振って言葉、需要はきっとあるのだよね、としみじみ思ったりしていました。

そして、初音先生と呼びつつ、私は直接お話する機会ばかりだったのと、すごく気さくな方なのであまりわかってなかったけど、着付けや舞やいろんなことしてはる、本当に「先生」なのだなあと、こちらもいまさらなことにしみじみしてたりしたんでした。
あれだけのお弟子さんって、すごいことやと思う。

私にとっても初めてだった本。
実は、もうひとつ初めてがあって、この表紙のイラストでうんうん言いつつ、明け方まで仕事してたときに、明け方のけっこう肌寒い時間なのに、足の裏がびっくりするくらい熱くて、あまりのおかしさに検査薬を思わず試してみて妊娠したのが発覚したんですよね。

表紙もしかり、出版記念パーティーもしかり、なんだか初めてづくしだった一連の出来事だったんでした。

そんなこちら、初めての人にもわかりやすく、上方伝統芸能のことが書かれています。
興味がありつつ、これからな人、大好きだけど、改めて知りたいことがある人、ぜひぜひお手に取ってみてくださいね☆

お、なんか上手にまとまった気がする☆

上方伝統芸能あんない
上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞
著者 堀口初音
# by webkuan | 2011-11-29 13:46 | ■お仕事

Googleのトップと戌の日

d0051613_13431845.jpg

今朝、twitterで数人の友人がGoogleのトップページのことつぶやいていて。
「将来やってみたいこと」をテーマにして「おかあさん」になりたいって絵を描いた子がグランプリになってたからなんですね。なんだかほのぼの。

そんなわたくし、
実はこっそりおかあさんになるべく実践な日々だったりします。
こっそり今日で6ヶ月に入りました。
おなかもだいぶとぽこんと出てきて。
会ったり連絡したりする機会があると、
すこしずつお知らせしているけれど
まだまだ全員にはお知らせ出来ていなくて、
これ見て知ったよ!てお友達がいたらばごめんなさい。
また改めて会った時におなかさわったってください☆
d0051613_13424633.jpg

そんなわけで、昨日ちょうど5ヶ月ギリギリではありましたが、
戌の日のお参りに行ってきました。
(本当は5ヶ月の最初の戌の日に行くものらしい)
どこいこうか散々迷って、
出張続きの夫の気晴らしに紅葉が観たいとのリクエストがあったので動きやすいかなと、伏見の御香宮へ。
自分の生まれる時におじいちゃんがご祈祷してきてくれたという腹帯を母から譲り受けていたので、今回はご祈祷のみお願いしてきました。
七五三もわんさか居たのでなにやら不思議な空間やった。
つい最近、私がはじめて「こどもおもしろいな。自分もいつかほしいかも」と思ったきっかけになった子が七五三のお参りしたこと、お母さんがブログにしたはるのんみたりもあって、なんだかしみじみ、いつか自分もあんな風に七五三に連れてくることあるのかなあとみてたりしました。

どちらかというと、つわりがひどい方のようで
しょうがないんだけど思うように動けなかったり
なんだか未だにすっきりしない日々なのだけど。

フリーになってから24時間態勢で時間を考え勝ちだった私が
人間らしい生活
(三食ちゃんと食べるとか、朝起きて夜寝るとかそういう普通のこと)
をしている今が、なんだか不思議だったりするけれど、
ようやくぽこりぽこりと動いたはるのを感じるようになって
どこかで見たか聞いたかした
「妊婦さん期間は一人で居ても一人じゃない時間」
というのをジンワリ納得してみたり、
人生でこういう時間はそうそうないんだろうなとも思うので
ひとまずこの時間を楽しんでみれたらいいなと思います。

予定日は桜の頃。
今年の桜の頃は、ちょうど入籍をしたところで
まさか1年後に早々にお子を迎えるとは思ってなかった。

これから仕事とかもどうなるのかなあと、
ちょっと考えてしまったりするけれど、
みんなが「これから楽しみだね」と言ってくれるので
なんだかそんな気持ちになれてきた今日この頃です。

というわけで、
これからちらほらそんな内容もはさみつつ
もう少しブログもちゃんと書こうと思うのでした。
# by webkuan | 2011-11-28 14:13 | ■おなかの人とのこと

Maduの冬のカード

d0051613_12421120.jpg

昨日あたりから、
Madu全店で冬のカードの取り扱いをしてもらっています。
いつものように、1〜2カ所手で金を入れたポストカードです。

今回は、素敵な食器を置いてはるMaduならではで、
お正月や冬に使いそうな食器の中に、柄を入れてみましょう。
というテーマをいただいて作ってみました。

お正月=漆のお重
みたいな図が自分のなかにあって、
赤黒中心で作った物と、
カラー展開をされているMaduの器たちをみて
カラー展開したものとをそれぞれだしてみたところ、
えらんでもらったのはこちら。
d0051613_12422073.jpg

赤黒ラインからは
・お重
・お酒セット
・お椀とお箸
d0051613_12421639.jpg

カラー展開したものからは
・桃色のお鍋
・緑のお椀とおさじ

思いつきから2パターン作って、
選んでもらうように丸投げしていた私。
選んでもらい方がバランスいいなあ。
バイヤーさんて、さすがだなあと、発注いただいたときに
当たり前のことかもですが、妙に感心してしまったのでした。

赤黒の方は、文字を入れたらお年賀なんかにも使えるのでは、と思ったり。

先月から2店舗増えはったMaduさん。
密かに先月末に行った結婚式の引き出物を選ぶのに
お世話になったり(全員分違うものにしたので大変だったかと)
それがきっかけでちゃんとご挨拶出来て、
最近はお邪魔するのもちょっと楽しみだったりします。

お近くの方、ぜひぜひのぞいてみてくださいね。

*Madu Shop List
# by webkuan | 2011-11-24 13:27 | ■お仕事
d0051613_16484630.jpg

気付くとずいぶんとブログほったらかしでした。
と、毎回書いている気がする。。。

クリスマスケーキのチラシのデザイン依頼をいただきました。

チラシのデザインってあまり慣れてない上、
写真素材がケーキのみ、という状況だったので
思いのほかうんうん言いつつ。
でもデザイン確認送ったら、
「すんごく可愛くてびっくりしました。。。」
といただいてものすごくうれしかった。

福岡の久留米市にあるパティスリーカフェpousserさん。
実はここのオーナーさん、
私がフリーランスになって初めてお仕事させてもらった方なのです。
当時、福岡市の警固というところにオープンしたお店の
店内に飾る絵、
というのが最初のお仕事でした。
手描きで私にしては巨大な絵を描いたなあ。。。
思えば、あれでオープニングパーティーに呼んでもらって、
福岡のお店で見つけたYOKAGNの服にひとめぼれして、
数年後会いに行って、一緒にお仕事させてもらったと思うと
すごくきっかけをもらったお仕事だったように思います。

オーナーさんとは最近になってfacebookで再会して、
今回ご依頼いただきました。
こういうこともあるんですね〜「今」な感じがします。

久留米市って行ったことないけれど、
オーナーさん、今ではかわいい子宝にも恵まれて
すごくお幸せそうだったのがなんだかうれしかったのでした。
近々お店に届いておいてもらう予定なので、
もしお近くに行かれる方いらっしゃったらぜひのぞいてみてください。
いつか私もお店いってみたいなあ。

pousser
営業時間11:00~21:00
定休日 月曜日・第2日曜日
〒839-0861
福岡県久留米市合川町18-16 A-2F
tel 0942-27-8455
# by webkuan | 2011-11-16 17:07 | ■お仕事

日々。

d0051613_17513571.jpg

はた、と気付いたら10月も半分を超してしまってたり。
Twitterしていると今までブログに書いていたことが
なんだか済んでしまった気になって、いかんなあ。

過ぎ去った日々の中でも淡々としているようで、
いろんなことがありました。

剣鉾のデビューの粟田祭りに行って、
すごくうれしそうな顔が見れたり、
(これはまた落ち着いてからちゃんと書きたい)
帰り着いたら、前に書いていた最初の表紙を
描かせてもらった本が届いていてうれしかったり。
(明日が発売日!なのでまた明日ちゃんと書こう)

そんななかで、なにげなくうれしかったこと。
月末の式の買い出しに行った大阪のお店で
たまたま小中高の幼なじみにばったり。
お互いおどろきつつ、
「ついこないだブログ見たところやってん。びっくり」
と言われてなんだかうれしくなってしまった。

体調がよろしくなくて、
一緒に行けなかった夫の実家である和歌山。
心配してその日のうちに帰って来ると言ってたけど
夫も疲れて大変やろうし泊まってきていいよとメールして
かかってきた電話で次々に受話器をまわして
心配していろいろ話してくれた新しい親戚の人たちの声。

そしてついさっき、
お世話になっている東京のギャラリー、フラスコの
オーナーの貞さんからの着信に気付いてかけなおしたら
「別に用があったわけじゃなく、どうしてるかなと思って」
と言われたこととか。

何気なく、ふと思い出してもらえることや
気にかけてもらえることって、うれしいなと思った。
私にも、どうしているかなとふと思い出す人がいる。
そういう人が居てくれているのって、
単純にしあわせなことやよな、と、
日々の習慣になっている夕焼けを撮っていて
しみじみ思ったりしました。

泣いたり笑ったりいろいろあるけれど
そういう小さな「うれしい」は
ちゃんと大切に思っていきたいなと思うのでした。



写真は今日の夕焼け。
陽が落ちてからのグラデーションな時間が好きです。
# by webkuan | 2011-10-19 18:06 | ■日々

剣鉾記念日

d0051613_23202330.jpg

2011年10月25日。
京都粟田神社の鶴鉾の入魂式に出席させてもらってきました。
剣鉾って、ご存知ですか?
という内容を以前に書いたことがあります。
あれ、2007年のことだったのだな。そんなに経っていることに驚くけども。

その年の夏の終わりくらいにお話があって、
少しずつ関わらせてもらってた剣鉾奉賛会さん。
ほんまに剣鉾のこと大切にしてはって、
そんなに大切にしたいもんがあること、
すごいなあとなんだかうらやましく感じた最初だったこと
今も覚えてるのですが、
いろんな事情も相まったりして
出来上がって3年後の昨日、やっと正式にお披露目となること
ご連絡いただいたときは、ほんとにうれしかったのでした。
そして、なんだかすごくすごく、ほっとした。

実際新しい剣鉾が生まれたのは江戸時代以降はじめてのこと。
9/26付けの京都新聞と読売新聞(共に京都版)取られてる方、新聞にも載っているそうです。
>読売新聞 粟田神社の剣鉾 江戸以来の新調 氏子ら入魂式
>京都新聞 鶴の剣鉾 新調 “入魂” 東山・粟田神社 336年ぶり

入魂式は、神事だそうで、厳かな感じでした。
一生に何度もないことだろうなと、しみじみした。
そして思いもよらず奉納的なことにも参加させてもらって、
実はなんだか泣きそうだった。
もちろんうれしいんだけど、
それより何より、
剣鉾奉賛会のみなさんがほんまにすごくうれしそうやって
それが何より、すごいことに関わらせてもらえてたんやなと
なんだかやっと実感出来て。
d0051613_23203693.jpg

入魂式の後に、実際に境内で鉾差しをしはった。
d0051613_23204241.jpg

差さはる人は鉾差しの衣装を着てはりました。
d0051613_23204543.jpg

よいしょ。
d0051613_23205335.jpg

しゃんしゃんと言う音が境内に響いて、
は〜晴れてくれてて本当によかったなあとしみじみ。
d0051613_2321218.jpg

置いてはったのを撮ってみた。
私がやったのは、どちらかというと鶴2羽をこういう形で
こういう風に鉾にしてはどうか、という部分。
d0051613_23355034.jpg

元がこれで、実際剣鉾ってかなり頭上でしゃんしゃんしはる動作が大きく、耐久のことがあるので、剣鉾奉賛会の会長さんたちが金属加工の方々と相談しながら最終的に今の形になりました。

もちろん、粟田神社や他社にある他の剣鉾はどんなものがあるのかとか考えた上で元案をご提案させてもらってた。でもなんだか気分的には本当に私は微力だなあと思いつつだったりもしたのだけど、そんな気持ちも吹き飛ばすくらい、うれしそうにしてくれてはったのを見て、やっと関わらせてもらったしあわせを噛み締めたりしてたのでした。
私はちいさいなあ。
もっともっと、精進したいなあ。

剣鉾、これから何百年と受け継がれて行って、初めて評価してもらえるものだ。と、スピーチされていたのが印象的でした。なんだか今思い出してもじんわり。
どこかに名前も入れてもらっているらしいです。
なんだかすごいことなのに、すごすぎてよくわかってないかもしれない私。

すごいことに関わらせてもらえたのももちろん光栄なのだけど
やっぱり、すごくすごくうれしそうな顔見れたのが、
一番うれしかったのでした。
本当によかった。
おめでとうございました!と本当に言いたいです。

でも、本番は10/10(日)なんですよ!
今年の神幸祭の行列が本番の初お披露目なのです!
まだ今年のがネットにアップされてなかったけど、場所はこちらを参考に。
12:20から剣鉾の巡行がされます。

晴れるといいな。
今年は例年に増して、うきうき(ドキドキ?)しつつ、観に行こうと思います。
見てくれているみなさんも、秋の京都へぜひです!



ちなみに、招待状に服装は「式典なので」とあったので、
ずっと前の個展のときに作ってもらった着物を着ていきました。
個展のモチーフを使う!てテーマで作ったから、
いつ着るべきかよくわからず、たまにしか着れてない。。。
もっと写真に撮られるのに慣れたいなあ。。。
d0051613_23211051.jpg

# by webkuan | 2011-09-27 00:09 | ■お仕事

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31