SORA EXHIBITION#13 さて。@フラスコ

d0051613_16282687.jpg

元々、フラスコのオーナーさんである貞さんのお店「神楽坂 貞」で、ほんとにたぶん最初の回からコトコを扱ってもらっていたのがきっかけで始まった「フラスコ」での展示。
d0051613_16282327.jpg

最初から知ってくれているだけに、ほんとにディスプレイも上手に見せてくれはりました。
フラスコでの展示は、お店のよう。
d0051613_16283238.jpg

実際「いつからここ開けはったん?」(の、関東言葉)みたいに入って来てくれる人が多かったりも。
d0051613_16282942.jpg

DMにも使ってたこともあり、トルソーに着せ付けた萩柄の水色ゆかた。
2着あったのが、速攻でもらわれていきました。
d0051613_16281669.jpg

震災の事とかあったのもあり、なんとなく動物がわんさかいると、ほっこりしてもらえるかしらと。
水に入るためにかがんでいるペンギン。
ステッカーで見ると、「ほんとうにもうしわけございません」と言うてるみたい。
ってことを話していた人が、3枚ばかり買ってくれたのに、東京だったのでつっこめませんでした。(でも未だに気になるのですよ。なにしはったんやろ)
d0051613_16282024.jpg

東京ではなんとなく、思いがけずの素敵な出会いがちらほら。
「それがあるのが、東京や」
とは、ゆかたの会社の顧問談。
たしかに。
形になったり、長く、繋がって行くと良いなあ。

東京では、半分ホテル、半分友達や知人のお家に泊めてもらった12日間だったのですが、これまた素敵なおもてなしをしてもらってました。
あまりに感動したので写真もたんまり撮って来た。
こちらはまた、後日。

ちなみに、12日いた東京。
帰った日、あまりに疲れていたので、今日はお風呂にゆっくり入ってお酒キュッと飲んで早く寝るぞ!と思いつつ、果物やら日本酒やら買っての帰り道、そういえば鍵の存在、気にしてなかったけどどうしてたっけ?と思って鞄を探ったのですが、びっくりなことに見つからない。
そう言えば、東京で持ち歩いて落とすと困るからと、キャリーバッグの方に入れていて、それを荷物と一緒に送ってしまってたのでした。

人間、本当に途方に暮れると固まるよう。
なんせ鍵を受け取らないことには荷受けもできないし、それは明日の午前中のこと。
実家に帰ろうにもたぶん着く頃には両親は寝ている時間だし、何より午前中に戻ってくるのがなかなかむずかしそうで。
ほんとに困って、昔の会社の先輩が唯一一人、最寄り駅に住んでいたので泣きついて、泊めていただいた上に次の日たまたま代休をとられていた旦那さんに荷受けに連れて行ってもらって事なきを得たのでした。

どこまでも人生ぎりぎりセーフ(セーフなのだけが救い)な私だったのでした。
by webkuan | 2011-07-13 17:12 | ■展示

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30