人気ブログランキング |

■納得したくないことを「受け入れる」方法

何かを納得することって、割と大変。

うれしいことや、ありがとうを思うときのそれは、歓迎すべきことだからむずかしいことではないだろうけど、悲しいことや、本当に望んでいたことが形にならないことがわかったときのそれは、結局のところ、解決出来るのは時間だけなのだと思ってた。

だけど、もしかしたら「考え方を変える」ことで、実はそれが可能になるのかな?と思ったり。

なんでそうなったのか。
そうなったことから派生することはなにか。
うまれることはないのか。
いろんな角度から考える。

どうしようもなくなったときには、それを受け入れるしかなくて、そうなったときには、結局それに対して、それなりの対応なり順応なりをする。

後から考えて、それって、本当に「あきらめ」だったんだろうか?

順応できるってことは、「もう一つの方向」と考えることができるのでは。


飲み込めるまでに時間がかかる。
それはたくさんの要素を詰めた風船みたいなもので、押さえ込むと変形するし、飲み込むにはたくさんの空気が在りすぎてのどを通らない。
だけど、ひとつひとつ考えていく中で空気が抜けてきて、たくさんの要素だけを飲み込むことが出来たら、きっとそれはその人の栄養になる。

起こりうる物事って、それを機にいろんなことを生むけれど、
その時、本当にしんどくても、それがきっかけになって、どんな方向だとしても成長につながるんだと思う。
考えてみて。
いままでたくさん泣いてきたことがあったとしても、そこから「どこか」に「何か」は伸びているんじゃない?
それが何かは、人によると思う。
だけど、ゼロな人はいないと思うのだ。
たとえばそれは小さな出来事かもしれない。
道ばたに花が咲いているのに気付いて、ほっとする気持ちを知るような、
それこそ本当に些細なことかもしれなくて。
だけど、それを知ることで、次に起こった何かのときに、少しほっとできるような要素を持てたなら、その後の自分にとって、それが栄養になるならば、それは立派な「成長」なのでは。


それを思えるのは、実際後になってからなのだけど。

最後の最後で、帳尻が合うようになっているんだよ。
必要なときに、必要なことは起こっているんだ。
って、思えたら、
その時のことを少しずつでも受け入れることが出来る気がする。





なかなかむずかしいけど。
ふと、思ったこと。
いつかの自分への覚え書き。
by webkuan | 2008-09-16 11:26 | ■わすれないように

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31