人気ブログランキング |

2007年 01月 19日 ( 1 )

■paoじいちゃんご帰還

ベージュ色のPAOに乗っています。
高校のころから、他の色じゃなくて、ベージュのPAOに乗りたくて乗りたくて、と思い続けて言い続けて、購入したのが22歳のころ。

今年、4回目の車検で、紹介してもらった修理工場に預けたのが月曜日のこと。



夕方から打ち合わせで待ち合わせをしていたefishへ。

電車の中、見覚えのある携帯電話からの着信。

もしかして、もしかして、
と、
ウキウキかけなおしてみたら、車検&修理が出来たけども、いつ取りにくる?という修理工場さんからの電話でした。

もうもう、なんだかとても心細かったここ数日。
打ち合わせして、ぎりぎり向かえそうな感じだったので、速攻受け取りに。

うれしくてうれしくて、
竹田の駅に行くのにバスもなかなかこなさそうだったので、五条から京都駅までほぼダッシュ状態。
昨日走ってた筋肉痛のせいで若干ヨタヨタだったようなきもするけども、ぎりぎり約束の時間までに到着。


結局、足回りやらなんやらやっぱり相当悪くなっていたらしく、かなり部品を入れてくれたみたい。

「ほんまに大事に乗ってきたんやなあ・・てのはほんまに思いましたわ」
と、工場の人二人共に感心されたのでした。
同じ状況の車にしては状態も良い方だったらしい。

エアコンはやっぱりあかんくなってたけど、
それは別に今に始まったことではないし、
暖房は大丈夫だし、
せめて冷風が来る方法を教えてくれたし、
実はトランクの底におっきく穴が開いていたらしいけど(!)「ふさいどいたから」とありがたいお言葉で。
私を待ってたPAOくんは、掃除もしてもらってなんだかぴかぴかだったのでした。

「走りやみたいなことせんかったら、まあ大丈夫。
 もともとそんなに走らんやろ」
はい、ごもっとも。

なにより何となく足触りが全く違うのです。
なめらかすぎて、すごい変な感じ。
今までよっぽど悪い状態で乗ってたのだなあと、あらためて。

おじいちゃんな事にはかわりないし、
「覚悟はしといたほうがええよ」
とも言われたけど、
なんだかやっぱりじいちゃんが帰ってくると安心感がまったく違うなあとしみじみしたのでした。



あと。
今年に入って感じることごと。

もう少し、いろいろをゆったりしても良いのかもしれない、と。

なにやらよくわかりませぬが、今年に入ってタイミングがどうも良いように思うのです。
それを感じるのは小さいことだったり、大きなことだったり、いろいろなのだけど。

焦ることが癖のようになってた時期があったのも本当だけど、あ、焦らなくて大丈夫やったんや、てことが続いていて。

ゆっくり、は苦手だけど、
ゆったり、焦らずに日々を紡げたらよいなあと、妙に足触りがなめらかなアクセルをゆるゆる踏みつつ、1週間ぶりにハンドルを握ってた帰り道でした。
by webkuan | 2007-01-19 23:44 | ■日々

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31