2007年 11月 05日 ( 1 )

■手伝ってもらうこと

おとついと昨日は、友達が手伝いに来てくれました。

土曜日に来てくれた友達は、小学校からの友達。小中と一緒だったし、中3の時は同じグループにも居たけど、学校が変わってからしばらく音沙汰がなかったんだけど、なんとなく大人に成ってから再会。
その後はなんとなく、まだアトリエがないころは夜中まで近所のファミレスでだべってみたり、ある一定のころから深くふかく知る友達。

日曜日に来てくれた友達は、一人は元々友達の友達で、最初は展示を観に来てくれたりしてたんだけど、ふとしたきっかけからなんだかすごく仲良くなれた。そして七夕に遊びに来るのに一緒に連れて来てくれた友達とも、やっぱり仲良くなれた、大人に成ってからの友達たち。

関わっている時間は違えども、なんだかいろんな事を話したくなるこの人たちとの時間は、ほんまにあほみたいな話から、少し間違うとどんよりしてしまいそうな深い話まで、なんだかすらすらとつきる事なく話題が途切れる事もなくて。

うちのアトリエにはある程度の広さのあるロフトがあって、そこに冬場はこたつを置いていたりする。だから、手伝いに来てくれた人たちの作業場はロフト。
広いけど、ロフトなだけにその部分の天井は低く、なのにリビングチックになっているから「秘密基地」みたいでひととおり受けてくれるのです。なんとなくうれしい。

両日、珈琲好きさんたちだったので、その日に合わせて届けてくれた豆を丁寧に挽いて、(西山珈琲さん、いつも本当にありがとう!)豆の香りを確かめつつ、おこたでほっこりして、作業開始。
私が作業しているのはロフトの下だから、基本顔は見えないけども、声は十分に聞こえるから話をしつつ、でも顔が見えないと手が止まる事はなく、ちょうどいいバランスで仕事が進む。
「手伝ってもらう」には「手伝ってもらえるもの」を準備しないといけない。
つまりは、結構がんばるわけで、楽しい上に仕事も進む訳です。一石二鳥やん。

この2日で自覚してしまった事、私は人に飢えているかもなあってこと。
ふだん一人でやっているのは、もちろん自分が選んだ事で、ある程度自由に出来るのは自分には合っているんだと思ってたし、今も合ってないとは言わないけど、やっぱり人との関わりが好きみたい。
個展を続けているのも、きっとそう言う事からなのだろうなあと思ったのでした。

今日は父の通院付き添いに午後から出るので、昨日はそのままアトリエで寝た。
午前中のうちに、そこそこやっとかねばなーとりあえず、今日は仕事!
by webkuan | 2007-11-05 09:14 | ■日々

浴衣ブランド「コトコ」デザイナー。和を描く「空」の、日々感じた事や、お知らせなど。


by webkuan
カレンダー